“ディズニーを救った鬼才”の人生を変えた宮崎駿アニメとは?「ジョン・ラセターが語るクール・ジャパン」詳細レポ

写真拡大

『アナと雪の女王』の記録的大ヒットで、一時の低迷を完全に脱したかに見えるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。トップのジョン・ラセターは、ピクサー時代からヒット作を連発する "生きる伝説" のような人物です。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

約30年前、鬼才・ラセターの人生を変えたのは、宮崎駿氏の初監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』でした。第27回東京国際映画祭のイベント「ジョン・ラセターが語るクール・ジャパン」の詳細レポートをお届けします。

■ジョン・ラセターが愛する日本のアニメーション=宮崎駿作品

ジョン・ラセターは、ピクサー、ディズニー、ディズニートゥーンの3つのアニメーションスタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサー。

ディズニーアニメーションのトップは、大の日本好きとして知られています。

特にスタジオジブリは、『トイ・ストーリー』シリーズや『ファインディング・ニモ』を生みだしたピクサーと、会社ぐるみの付き合いをしているほど。

今回も、スタジオジブリ鈴木プロデューサーの依頼で、講演を行うことにしたとのこと。

そんなジョン・ラセターが彼の愛する日本の文化、彼の愛する日本のアニメーション、つまり宮崎駿作品について語りました。

■ラセターの人生を変えた映画は宮崎駿監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』

幼い頃から『マッハGoGoGo』など日本のマンガに陶酔していたラセターは、アニメーターを生業とすることを決意し、カリフォルニア芸術大学(カルアーツ)に進学、ティム・バートンなどの同級生と共にディズニーの伝説的なアニメーターからアニメーションを学びました。

1981年に渡米した東京ムービー新社の藤岡豊と出会ったラセターは、そこで『ルパン三世 カリオストロの城』のフィルムを貰いました。

講演では『ルパン三世 カリオストロの城』のカーチェイスシーンを上映。大好きなシーンを大画面で観たラセターは「That is awesome!!!」と興奮していました。

さらに、ラセターの妻ナンシーもこの映画を愛していると言い、彼らを結び付けたのは『ルパン三世 カリオストロの城』だと語りました。

■日本でのブリキのおもちゃとの出会いが『トイ・ストーリー』を生み出す

ラセターがはじめて日本に来たのは1987年、ピクサー初期の短編アニメーションを携えて来日しました。

そこでラセターが出会ったのはネオンの輝く街、何でも売っている自動販売機、食品サンプル、そして新幹線。

日本の文化に興奮していたラセターはそこで、ブリキのおもちゃと出会います。

北原照久氏のブリキのおもちゃを研究したラセターは、これにインスパイアされて『ティン・トイ』を制作し『トイ・ストーリー』に繋がりました。

■ネコがバス? バスがネコ? 『となりのトトロ』の衝撃

この時に日本のアニメーション、中でも『ルパン三世 カリオストロの城』が好きなことがきっかけでスタジオジブリに招待され、宮崎駿監督と出会いました。

それは1987年11月11日のこと。この日付入りのサインを自慢げに見せていました。

『となりのトトロ』を制作していた宮崎駿監督が見せてくれたのは、ネコバスのスケッチ。

ネコがバスということに仰天したラセター。

ネコバスの表情は宮崎駿の笑みそっくりだそうです。

■ピクサーではストーリーに行き詰まると宮崎駿作品にヒントを得る

『トイ・ストーリー』で2度目の来日を果たしたラセターは、『もののけ姫』を制作中の宮崎駿監督と会います。

CGアニメーションを嫌っている宮崎駿監督ですが、『トイ・ストーリー』をCGではなく作品のハートやストーリーを見て愛してくれたそうです。

そこでラセターが驚いたのは、宮崎駿監督がすべて1人でストーリーを書いているということ。

ピクサーではストーリーに行き詰まると宮崎駿作品を観て、発想を得るそうです。

その後も来日するたびに必ずスタジオ・ジブリに1日は使うというラセター、宮崎駿作品を世界中に観てもらいたいと考え、『千と千尋の神隠し』以降は英語版の制作に携わるようになります。

スタジオ・ジブリ作品の配給・プロモーションも担当し、ピクサー・スタジオで宮崎駿監督の公演や『もののけ姫』のチャリティ試写会やなど、ジブリとピクサーの交流が始まりました。

そこで見せてくれたのはピクサーでのラセターのオフィス。三鷹の森ジブリ美術館で使い終わったネコバスを大切に飾っています。

そんな『となりのトトロ』を何よりも愛するラセターが映画史上最も見事だというシークエンス、サツキとメイがバス停で待つ中トトロが登場しネコバスに乗っていくシーンを上映しました。

■ハリウッド式にはない「静かな瞬間を愛でる」宮崎駿作品の美しさ

宮崎駿監督が多くのクリエイターに影響を与える理由が「静かな瞬間を愛でる」こと。

何も起こらないが美しい「瞬間」を大切に扱うことで、次の出来事を輝かせます。これは常に何かを起こし続けるハリウッドではできない手法。

また、キャラクターの個性を動きの細部でリアルに説明していく掘り下げ方や語り方、さらに水の扱い方など、「静かな瞬間を愛でる」ことで表現していく手法を語りました。

そして彼の独創的な発想。ネコがバスという発想、ネコバスのドア、ライトとなるネズミなど興奮するようなポイントを列挙していました。

■ラセターから東京へのラブレーター『カーズ2』。ルイジは宮崎駿へのオマージュ

日本の建築における特徴は、排除していくデザイン。日本の文化の要は「モダンなものと伝統的なものが共存する」ことだと語ります。

ピクサーでもその姿勢が生きており、最新の技術を用いながらも伝統的なアニメーション手法を扱っています。

そんなラセターが東京へのラブレターとして制作したのが、『カーズ2』でマックイーンとメーターが東京を訪れるシーン。

『カーズ』のルイジは宮崎駿監督へのオマージュ。

『ルパン三世 カリオストロの城』に登場する車フィアット500です。

■ラセターが愛する東京を再構築した『ベイマックス』の舞台サンフランソウキョウ

ラセターが愛する街サンフランシスコと東京。この2都市を融合させて創り上げたのが「サンフランソウキョウ」という架空の都市です。

この「サンフランソウキョウ」が舞台となるのがディズニー長編アニメーション最新作『ベイマックス』。

参考:【ディズニー】アナ雪の次『ベイマックス』は“日本愛あふれる”感涙のヒーロー映画! 見どころ徹底紹介

サンフランシスコと東京の名所、そして東京の雰囲気やデザイン、「モダンなものと伝統的なものが共存する」街を創り上げました。

現在のラセターを作ってくれた日本に対して深い感謝の念を述べ、講演は終わりました。

前日のレッドカーペットではベイマックスの青いアロハシャツを着ていたラセター、この日はビッグ・ヒーロー6が描かれた黄色いアロハシャツでした。

ディズニーアニメーションのトップが熱く、熱く日本と宮崎駿作品について語った素晴らしい講演となりました。