写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「仮面ライダー」の"大人が装着できる変身ベルト"シリーズ「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」(CDM)の第6弾、第7弾として話題になった『CSMディケイドライバー』( ;offerid=333562.10000590&type=3&subid=0 )、『CSMライダーカード』が、受注開始わずか4日で完売となったことを受け、「プレミアムバンダイ」で2次受注がスタートした。

バンダイのボーイズトイ事業部の担当者は「相当数の数量を用意していましたが、わずか4日での完売となり、『仮面ライダーディケイド』の変わらない人気に、とても感動しております」と感嘆の声を上げており、受注後わずか4日での完売は想定していなかったという。2次受注の予約期間は10月28日13:00〜2015年1月6日23:00で、商品の発送は2015年3月を予定している。

『CSMディケイドライバー』は、『仮面ライダーディケイド』放送当時に発売された変身ベルト『DXディケイドライバー』には未収録の音声を多数収録し、付属のカードを本体にセットすることで、カード固有の音声「アタックライド イリュージョン」「アタックライド 音撃棒・烈火」などが発動。さらに、本体底面のボタンを押すことで、ファンの間では「説教用BGM」や「門矢士が決め台詞をいう時に流れている曲」として知られている「ディケイド」「パラレルワールド」の劇中サウンドが流れるという、これまでにない究極のなりきり遊びも楽しめる。

カードデザインはより劇中に近いデザインに変更され、素材にプラスチックを採用。『CSMディケイドライバー』本体には、仮面ライダーディケイドと平成ライダー9人にまつわるカード30枚が付属する。さらに、中央のシルバーリング部分には、デジタルカメラのボディなどに採用されるアルミ素材を使用。メッキコーティングも施され、アルミの持つ独特な輝きを放つ。中央ウィンドーの内部には、ホログラムステッカーを使用し高級感を実現している。ベルト帯部分も『DXディケイドライバー』からパーツを一新し完全新規造型となり、調整アジャスターの付属で腰回りサイズは約100cmまで対応可能。バックルの細部まで墨入れ塗装を行い、重厚感と深みのある質感に仕上げている。

そして『CSMライダーカード』は、もちろん『CSMディケイドライバー』と完全連動しており、仮面ライダーディケイドにまつわるライダーカード77枚を収録。また、劇場版にしか登場しないカードや、ブランク状態のカメンライドカードなど、レアなカードも多数。本商品に収録のカード77枚に加え、『CSMディケイドライバー』に付属する30枚、さらに両方購入特典のカード3枚を合わせると110枚のカードが揃うことになる。

さらに『CSMディケイドライバー』と『CSMライダーカード』の両方を購入すると、両方購入特典として「ディエンドカード&カイジンライドカード」のセットをもれなくプレゼント。TV最終回の演出をイメージしたデザインは「カメンライド」、音声は「ファイナ ルアタックライド」というスペシャルなカードとなる「カメンライドディエンド(ファイナルアタックライド発動Ver.)」と、ディエンド(チノマナコ変身態)が所有していた「カイジンライド イーグルアンデッド」「カイジンライド ムースファンガイア」となる。

商品価格は『CSMディケイドライバー』が12,960円(税込)、『CSMライダーカード』が7,560円(税込)。予約締切は2015年1月6日23:00で、商品の発送は、2015年3月を予定している。

(C) 石森プロ・東映(C) 東映・東映ビデオ・石森プロ