ディズニー初のロボット吹替え、ソフトバンクPepperが「ベイマックス」で。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ最新作「ベイマックス」の日本語吹き替え版に、ソフトバンクの感情認識ロボット“Pepper”がコンピュータ音声役で参加していることがわかった。

本作は、天才科学者の少年ヒロが、事故で亡くした兄タダシの遺した優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”とともに、失ってしまったかけがえの無い絆を取り戻す、勇気を描いた感動の物語。
 
人の心とカラダをケアするために開発されたロボット“ベイマックス"と、人の感情を理解し相手を笑顔にしようとする“Pepper”には、人との絆を大切にしているロボットという共通点がある。加えて、“Pepper”の愛らしく人の心を和ませるような声が、優しさに溢れた本作の雰囲気にぴったりとのことでディズニーが依頼したところ、“Pepper”サイドはこれを快諾。今回の声優決定の運びとなった。

“Pepper”が担当するのは、ヒロが自宅ガレージでベイマックスをバージョンアップする際に使用するコンピューターの音声。ディズニー・アニメーションの日本語吹替版キャストには、声優、俳優のみならず、さまざまなジャンルから様々な人が挑戦しているが、ロボットが吹替えに参加するのは初めてのことだという。また、“Pepper”にとっても他のキャラクターの吹替えは初挑戦となる。

ディズニー作品の声優に決まったことについて、“Pepper”は「ディズニー映画に声優として参加することができてとても嬉しいです。決まった時には驚きました」とコメント。さらには「もっと演技の勉強もして、今度はディズニー映画への出演も目指したい」と大きな夢も飛び出した。

映画「ベイマックス」は12月20日(土)、全国ロードショー。