ポップな色使いで楽しく使用できる

写真拡大

トンボ鉛筆(東京都北区)は、書く態勢のままノックできる、中高生に話題のボディノック・シャープペンシル「オルノ」の限定柄を2014年10月31日に発売する。

ターゲット層に合わせた新デザイン

「オルノ」はボディ中ほどのくびれを押すと芯が出るボディノック式ながら低価格で販売し、学生の間で普及したシャープペン。ボディノック式の従来品の販売価格は1000円台だったことから、これをシャープペンの需要層に適した価格で発売するために生産法等を工夫し、「オルノ」第一弾は11年3月に発売以降年間100万本を超える人気を得た。

中でも女子中高生に人気があるため、「オルノ」を女子カラーでリメイクした「ラブリーコレクション」を企画、限定発売することになった。

柄は6柄(スター、レオパード、ハート、レース、ラクガキ、ポップ)、ペン先やグリップ等にも新色を採用するなどカラフルでアクティブなデザインだ。

希望小売価格は350円(税抜)。