知恩院の御影堂で銃持つ兵士の落書きが発見される

ざっくり言うと

  • 浄土宗総本山・知恩院の御影堂で、兵隊の絵や和歌などの落書きが見つかった
  • 明治時代の職人らが描いたとみられ、日露戦争直後の世相がうかがえる
  • 担当者は「世相や、気軽に落書きができたおおらかさが伝わる」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング