あぁ、やめられない! 働く女子がつい買ってしまうもの、圧倒的多数なのはコレ

写真拡大

どんなに節約していても、ついつい手が伸びて定期的に購入してしまうものってありますよね。我慢すればするほど、ほしくてたまらなくなってしまいます。働く女子に、「これを買うのだけはやめられない!」と感じるものを聞いてみました。

■スイーツ

・「ストレスがたまったときに、購入するスイーツ。会社帰りに買ってしまいます」(31歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「ハーゲンダッツ。自分へのご褒美にどうしてもアイスを買ってしまう」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「チョコレート。精神安定剤みたいなものだから」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「健康診断とか節約とかいろいろあっても、お菓子を買うのだけはやめられない。息抜き、楽しみ、幸福感が自分の中で最大のものだから」(30歳/通信/クリエイティブ職)

・「冬に出る、チロルのきなこもちチョコ。チョコは苦手であまり食べないけれど、これだけは格別。いつも大人買いしてます」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「お菓子。我慢しようとしても新商品を試したくて、つい、毎日購入してしまう」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

圧倒的多数で、スイーツと答える女子が目立ちました。ストレス解消に、自分へのご褒美に、スイーツは働く女子にとって、なくてはならないもののようです。食べ過ぎないためにも、くれぐれも買い過ぎには注意したいところ。

■ファッション&化粧品

・「服。お気に入りの服を着るとテンションが上がるから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「洋服。ファッションに興味が強いので、シーズンごとに新しい服を仕入れないと落ち着かない」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「プチプラの服。メルマガがくるとほしくなってしまい、安いからいいかとたくさん買ってしまう」(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「リフトアップのスキンケア製品。まだ25歳だが、気持ちよくて買ってしまう、値段ははりますが……」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「化粧品。スキンケアをしないと女性としてダメになると思うから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「化粧品。年々乾燥がひどくなっているから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

ファッションや化粧品も、シーズンごとに新しいものが出るうえ、年齢によっても買い替える必要が出てきます。必要経費とも言えますが、安いからとたくさん買ってしまうのは避けたいところ。

■音楽関連

・「好きなアーティストのライブグッズ。普段は家計を引き締めても、ここだけは楽しみに使うと決めている」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「アイドルのコンサートのチケット。アイドルがいなかったら、日々の生活に潤いがないので……」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きなアーティストのグッズや音楽CDなど。そのアーティストが好きだし、コレクションしたいという思いもあるから」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

生活の潤いのために、アーティスト関連には使っちゃうという意見も。自分なりの元気のもとがあるのはいいことですよね。

■本やマンガ

・「読書が趣味なので、話題の新刊が発売されるたびに本屋に走ってしまいます」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「漫画。ないと人生楽しくなくなっちゃう」(26歳/学校・教育関連/技術職)

・「ビジネス雑誌。OLだなーっという感じだから」(31歳/事務代行/事務系専門職)

・「ファッション雑誌。魅力的な付録がある月は、ついつい買ってしまう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

音楽に続き、本やマンガをあげる女子も。うまく気分転換に使えるなら、大事な出費と言えそう。

■ペット用品

・「キャットフード、猫砂、ペット用品。飼い猫最優先の生活なので、猫にだけは不自由させたくない。自分の身のまわりのものよりも優先です」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

ペット命な女子もいました。自分のことより、ペット用品! という優先度の高さは、よほど愛している証拠ですね。こだわりすぎて散財しないように注意。

働く女子たちの、これだけは買うのをやめられない! というアイテムを見てきました。これがあると元気になれる、そんな日々の生活を充実させるのに必要なものは適宜取り入れていきたいもの。くれぐれも買い過ぎにだけは注意しましょう。

※画像は本文と関係ありません

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数280件(22歳〜34歳の働く女性)