写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2011年に公開されたアニメーション映画『劇場版 マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』に登場する可変戦闘機「ケーニッヒ・モンスター」が、バンダイの展開する玩具シリーズ「DX超合金」で立体化され、プレミアムバンダイにて予約受付が実施されている。2015年4月発送予定で、価格は23,760円(税込)。

2010年9月に発売された『DX超合金 VB-6 ケーニッヒ・モンスター』が『劇場版 マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』バージョンとして登場。「ケーニッヒ・モンスター」のノーズ・アートはTVシリーズ、劇場版と変化しており、「サヨナラノツバサVer.」は左ノーズにランカ、右ノーズにシェリルのの新規マーキングを印刷した仕様となる。2010年9月発売時にノーズ・アートは付属シールで再現されていたが、今回はプリントで再現。さらに機体カラーは河森正治総監督が監修し、より設定に近いカラーリングを実現している。

もちろん「DX超合金」シリーズの可変機の中でも最大ボリュームだからこそ実現できた、テクニカルな変形ギミックも内蔵。シャトルモード、ガウォークモード、デストロイド・ガウォークの3形態に完全変形する。シャトルモード時は本体に内蔵されている4門のレールキャノンが、デストロイド・ガウォーク時に展開するギミックは、ケーニッヒ・モンスターならではの機構となる。セット内容は本体とディスプレイスタンド。

商品価格は23,760円(税込)で、予約締切は後日商品ページにてアナウンス。商品の発送は、2015年4月を予定している。

(C)2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会