久しぶりに主力メンバーが顔をそろえたカナダ遠征。カナダとの初戦は、トライと確認を繰り返しながら展開しつつ、なでしこジャパンが3−0で勝利を手にした。

「全員を起用する」と明言している佐々木則夫監督が初戦に送り出したのは"なでしこジャパン"の代名詞とも言える選手たちだった。2トップには大儀見優季(チェルシー)、大野忍(アーセナル)、左右サイドハーフに安藤梢(フランクフルト)、川澄奈穂美(INAC神戸)、ボランチには宮間あや(湯郷ベル)、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)が名を連ね、両サイドバックには久々に鮫島彩(仙台)、近賀ゆかり(アーセナル)がそろう。

 注目されたのは初タッグとなる熊谷紗希(リヨン)と川村優理(仙台)のCBコンビ。世界屈指の強豪・リヨンで個を磨き上げてきた熊谷と、今年5月のアジアカップで鮮烈なCBデビューを果たした川村。2010年に川村がなでしこジャパンに初招集されてから、幾度となく顔を合わせているが、CBとして組むのは今回が初めてだった。

 主力メンバーがそろった中でスタメンを託された川村はさすがに緊張を隠せない。対峙するのは、カナダのエース・クリスティーン・シンクレア。この試合を左右するのは、個で切り開く得点力を持つ相手エースを封じ込むことができるか否かだ。

 共通意識として、各ポジションのラインをコンパクトに保ち、自由なスペースを限定させる策をとった。最終ラインを高くし、エースの動きを封じた守備陣。それでもサイドを破るシンクレアに対し川村は、「もっと速く準備をしないといけない。弱く行ったらやられるし、逆に思い切って強く行けた」と懸命なケアを見せた。

 しかし、開始直後は緊張した面持ちだった。「ビビッてました(笑)。でも、みんなが声をかけてくれて、自然に試合に入り込めた」(川村)。

 後半には代表初ゴールを決めるなど、攻守に渡って奮闘を見せた。そして危険なシンクレアの突破を体を投げ出して確実に潰していったのは熊谷だ。

「なでしこは8か月ぶり。それぞれ積み上げてここに来てるはずなので、もう一度確認をしようと守備面でいろいろ話し合いました」(熊谷)。

 まずは、練習で実行し、修正をしていく。その成果は初戦でハッキリと表れた。

「リスクをおかしてでも、チャレンジすべきところはしっかりとできた。優理(川村)とも全く違和感は感じなかった」と、新コンビにも手応えを掴んでいた。2010年以降は岩清水梓(日テレ・ベレーザ)と熊谷の二人が不動のCBとして代表に定着していたが、川村がこの主力メンバーの中で結果を出したことで、レギュラーレベルでの競争が生まれたことは大いなる収穫と言えるだろう。

 攻撃面では、戦略を練ることはせず、「お互いの個性で動く」(大儀見)ことを大事にした。その最たるものが前半9分の大儀見の先制点だ。安藤が奪ったボールを大野にスピーディなコンビネーションパスでつなぎ、最後は大儀見がゴール。本格的に感覚を合わせ始めて4日目ながら、"なでしこ"らしいゴールを描いてみせた。

 そしてもうひとつ、それが表現されていた得点シーンが3点目だ。途中出場で左SBに入った有吉佐織(日テレ・ベレーザ)が、アジア大会でつかんだビルドアップの感覚を、このメンバーの中でも研ぎ澄ます。

 日本の時間帯が続いていた後半35分、有吉が左サイドを駆け上がり、鋭いクロスを上げる。それを見越して大儀見はDFを引き連れて頭から飛び込んだ。そのタイミングに思わずGKが大儀見に反応。フリーとなった川澄が難なく沈めた。

 単純なサイド攻撃では世界の壁を崩すことができない。しかし、なでしこのサイド攻撃は、この2得点で表現されたように、ショートカウンターからのテンポを生み出し、SBの攻撃参加からのアーリークロス、さらにはサイドに流れた宮間からのダイレクトクロスを用いたとき、得点力は一気に上がる。運動量と、より一層のイメージの共有が必要になるが、このバリエーションが左右両サイドで増えれば、相手守備陣を翻弄できる。ここから積み上げを期待したいアプローチのひとつだ。

 来年のワールドカップの舞台であるカナダで確認しておきたかったのは、プレイだけではない。本格的に使用される人工芝のピッチも重要な確認事項だったが、選手たちは口をそろえて、「違和感はない」「日本みたいなプレイスタイルには向いてる」「ボールが走りやすい」と好感触。パスが主流のなでしこのスタイルにはフィットしそうだ。

 問題は足への負担と、スライディングなどの感覚を調整すること。連戦となるワールドカップだが、対応は難しくないと選手たちは気にしていない様子だった。

 まずは初戦でもろもろの確認をし、修正点をあぶりだすことには成功した。世界制覇を果たして3年。このカナダ遠征ではそれぞれが積み上げてきた個の力が生み出す感覚を感じ取ることが最大のテーマだ。今年はアジアカップ、アジア大会など目白押しではあったが、あくまでも準備期間のようなもの。このカナダ遠征こそ、ワールドカップへの本格的なチーム構成のスタートといえる。初戦メンバーは各ポジションで積極的なトライから明確な課題を得ている。

 第2戦は「メンバーを一掃する」とした佐々木監督。初戦をベンチで見守った選手たちの登場となる。個のアピールはもとより、どんなチャレンジを見せ、どんな流れを表現するのか、注目のカナダとの第2戦は28日(日本時間29日11時)、場所をバンクーバーに移して行なわれる。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko