10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(6)

 1964東京五輪50周年記念イベントに出席するために来日したベラ・チャスラフスカさん(チェコ)。同五輪では女子体操個人総合など3種目で金メダルを獲得し、「東京五輪の名花」と称えられた。大の親日家としても知られ、チェコ日本友好協会名誉会長としても活動している。そんなチャスラフスカさんに、『桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか』の著者、長田渚左氏が聞いた。

―― 今回は、日本との50年のつながりで来ていただきました。

「51年です。東京五輪の前の年にも日本に来ています。それから1960年のローマ五輪で日本から来た体操チームに初めて会いました」

―― ローマ五輪から計算すると54年。ほんとに長いつながりですね。

「一般的な夫婦生活よりもっと長い関係じゃないかしら。今回は古くからの友人たちにも会えてとても幸せでした。お祝いの会もすばらしかった。日本政府、オリンピック委員会も力を入れていて、参加している人たちはみんな、オーガニゼーション(運営)が見事と言っていました。パーフェクトでした」

―― 今の東京は50年前の東京と比べてどうでしょう。

「今回、江戸博物館に行きました。終戦直後の写真を見ました。それから短い間にすばらしい発展をしたんですね。日本の発展はすごく早い。日本人はそれに慣れているのでしょうが、私たちにはそういう経験がないので、びっくりしました。もちろん今の東京は50年前の東京とは全然違う。街が横の方向にも上の方向にも、そして地下にも大きくなりました。けれども変わらないこともあります。それが日本人のメンタリティです。優しくて心の豊かな人たち。浅草に観光に行ったのですが、私たちが記念のバッジをつけていたから分ったのでしょう。『こんにちは』とたくさんの人が挨拶をしてくれて気持がよかったです。50年前のことをいろいろと思い出しました」

―― 1964年の東京五輪、日本人のことで一番覚えていることは?

「1つを選ぶのは難しいです(笑)」

―― じゃあ3つ。

「まずオープニングセレモニーがすばらしかった。広島出身の坂井(義則)さんが聖火ランナーとして入ってきました。もちろんメダル表彰式もよく覚えています。日本らしいセレモニーで、着物を着た女性たちがいて、芸者さんみたいだった。あとは日本の男子が団体で優勝したときに日本の国歌を聞き、とても幸せでした。私は日本の音楽が好きなんです。チェコ日本友好協会として、東日本大震災の被災地の子どもたちを招待したときは、チェコの子どもたちが日本の歌を歌いました。練習して、とてもうまく歌えるようになったんです。また64年にはたくさんのプレゼントをもらいました。日本刀を受け取ったこともよく思い出します」

―― その日本刀を送った大塚隆三さんにまつわることなど、『桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか』には、ベラさんご自身も知らないことが書いてあると思います。読んでいただいて、いかがでしたか。

「吉田夏さん(日本で初めての国際女性審判員。1956年メルボルン五輪から5大会連続で国際審判員として活躍した)は今、何歳ですか?」

―― 101歳です。とてもお元気です。

「すばらしい」

―― 私は吉田さんの存在を知らなかったのですが、チェコに行ってベラさんに教えていただき、探したんです。

「シャーロック・ホームズみたい(笑)。よく探しましたね。本の中では私について、私の知っている人たちが語っている。自分のことなのにものすごく興味深く、そういう見方もあるのかとか、気づいた点も多く、私自身がとても勉強になりました」

―― 今度はベラさんご自身がぜひ書いてください。

「私も自分のことを(チェコスロバキアが)社会主義時代に書いたことがあります。しかし100ページぐらい、消されました。その時代ははっきりものを言うことができなかったのです。自分の家族、友達、国に対しての気持ちを書くのもダメだったんです。彼ら(政府)は影響を心配したんです。ソ連について書くこともできなかった。私とラチニナさん(旧ソ連の女子体操選手。56年メルボルン五輪、60年ローマ五輪金メダリスト)との関係も、彼らはスポーツではなく国のシンボルと考えたので、チェコとソ連の関係にしてしまうのです」

―― 東京五輪のときのライバル、ラチニナさんもお元気ですね。

「私たちの間には競争はあったけど、試合が終わったらお土産を交換したり話し合ったりする仲でした。とても友好的でした。ラチニナさんはお土産にクラシック音楽のレコードを持ってきてくれました。逆に私はチェコからジャズなどのレコードを持っていきました。でも革命後は自由になり、言えなかったことも言うことができるようになりました。私も本を書くつもりがあります」

―― 話は変わりますが、今年の世界選手権は見ましたか?

「移動のスケジュールの関係で女子のほうがあまり見ることができなかったのですが、男子のほうは見ました。日本には楽しみな選手がいますね。内村(航平)はすばらしいし、田中(佑典)も良かった。美男子ですしね(笑)」

―― 今回、黒人の選手の活躍も目立ちました。時代変わってきていると感じますか。

「いろいろな国や人種の選手がやるようになることで、女子も男子も体操はもっと面白くなると思います。また日本についても、今の選手が次の東京五輪に出場するかどうかはわかりませんが、6年ありますからいろいろなことができる。楽しみですね」

―― ベラさんは最近の女子体操について、アクロバティックでサーカスみたいだと批判的にことをおっしゃっていますが、未来のためにどうあるべきかというお考えを聞かせてください。

「私の考えというだけでなく、みんなそう思っているのではないですか。海外で議論をすると必ず聞かれます。体操は美しいほうがいいと思います。そして子どもの世界と大人の世界は違います。大人の世界には、愛もあるし、悲しいことも、寂しいこともある。大人はそれらを含めて全部を体操の中に表現できます。子どもにはできません。子どもは指導者の影響が強く、言われたことしかやらない。ロボットみたい。ロボットのようなスポーツは魅力的ではありません」

―― この本を日本人に向けて書きたかったのは、日本のスポーツ選手の多くは、コーチや監督から言われたことだけをやる傾向があるからです。それが体罰の問題などにもつながっていくのですが、ベラさんは20年、自分の考え方を変えなかった。それを読んでほしかったんです。

「それが伝わればすばらしいし、ありがたいと思います」

―― 最後に、東京五輪が開かれる6年先、体操やスポーツ界がこうなってほしいなというご意見があったら教えてください。

「まず女子体操については、大人のスポーツになっていたら嬉しいですね。私が2011年、日本で開催された世界選手権で見た日本チームは、女性らしく美しかった。田中理恵選手がいい例でした。スポーツ全体についていえば、大事なのはスポーツは友好のためにあるものだということです。お金より友好です。結果だけではなく、選手がお互いに輝けたらすばらしい五輪になるでしょう。

日本は前の五輪と比べると立場が違います。1964年の日本は、戦争が終わって日本がここまで発展したということを世界に見せなければならなかった。今は世界中の人が日本を知っています。経済ではトップにいて、トヨタもパナソニックもみんな知っている。そこを紹介する必要はもうない。だからこそ、もっと人間らしい五輪にすることができると思います。期待しています」

―― 6年後のオリンピックはもちろんのこと、未来のスポーツ界のためにも厳しいアドバイザーでいてください。ありがとうございました。

長田渚左●インタビュー interview by Osada Nagisa