韓国仁川で開催されていたアジアパラ競技大会は24日に閉幕。金38個を含む143個のメダルを獲得した日本選手団は25日、現地で解団式を行なった。

 日本選手団の主将で車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)は、前回の広州大会に続き単複優勝を達成。その背中を見せることで主将としての役割を全うした。優勝者に与えられる2016リオデジャネイロパラリンピック出場権も獲得し、「2年後に(照準を)合わせる意味で楽になったが、自分のテニスと相談しながら試合を組んでいくことに変わりはない」と話している。

 日本のメダルランキングは中国、韓国に次ぐ3位。4位と迫るイランのほか、インドやタイの活躍も目立った。日本は大会前に掲げた120個の目標を上回るメダル数を獲得したが、「リオでもっといい成績を示さなければ、日本国内にパラスポーツをアピールできない。(4月に管轄が文部科学省になり)オリンピック・パラリンピックが並列に考えられるようになったが、それはつまり、よりメダルにこだわらなければならなくなったということ」と、JPC(日本パラリンピック委員会)強化委員長の大槻洋也団長は言う。2020東京パラリンピックが決まってから、夏季としては初めての総合競技大会だった。

 6年後に活躍が期待される世代も躍動した。なかでも、最も大きな可能性を見せたのは陸上競技に出場した、大学3年生の加藤由希子(仙台大学)だ。投てき3種目(砲丸投げ、やり投げ、円盤投げ)日本記録保持者として、初めてのアジアパラ競技大会に臨んだ彼女は、23日に行なわれた女子砲丸投げで(切断などのクラス)の世界新記録となる12メートル21で優勝に輝いた。

 生まれつき左ひじから先がなく、バランスを取るために砲丸を持たない左手に義手着けて、右手で砲丸を投げる。最も得意とする砲丸投げで、今回は大会前から練習でマークしていた世界記録の樹立を狙っていた。

「記録を出す自信があったので、緊張することもなかった。落ち着いて自分の試合ができたことが結果につながったと思います」と振り返り、とびきりの笑顔を見せる。

 世界記録保持者となっても、記録との戦いは続く。「すぐに抜かれる記録だと思うし、それを目指してくる他の選手に負けることなくトレーニングに取り組みたい。少しずつ記録を伸ばしていき、東京パラリンピックで14メートルを出す計算をしています」と意欲的に語った。

 2年後のリオパラリンピックで、投てき種目はやり投げのみの実施だが、障がい者陸上の世界では2013IPC世界選手権(フランス)やり投げで3位に入るなど、6年後を待つことなくリオパラリンピックでの活躍が期待される。

 団体種目では、ウィルチェアーラグビーが金メダルを、5人制(ブラインド)サッカーと7人制(脳性まひ)サッカーがアジアパラ競技大会で初の決勝進出を果たし、銀メダルを獲得する健闘を見せた。

 大会最終日の24日に決勝戦が行なわれた車椅子バスケットボール男女はともに銀メダルだった。とくに男子は決勝で韓国に50−61で敗れたものの、予選リーグで宿敵イランから価値ある一勝を挙げ、来年のリオパラリンピック予選に向けて最低限の順位を確保した。大槻団長は「団体競技、とりわけ車椅子バスケットボールでパラリンピックのメダルを獲れれば、選手団も世間も盛り上がる。ゴールボール、個人競技の車いすテニスと並んで男女アベック優勝もありうる競技」と話し、期待を込める。

 しかし、団体競技の現実は厳しい。車椅子バスケットボール男子日本代表の及川晋平ヘッドコーチは、決勝で敗れた原因のひとつを「緻密なバスケを組み立てているが、選手たちがそれを理解しても、精度をなかなか上げられない。熟度がないからミスが生まれる」とし、「世界と戦うためにはもっと強化合宿を増やしていかないと......。体育館をひとつ借りるのも苦労する現状を変え、長期的に練習する場所が欲しい」と訴えた。

 さらに、及川氏は専門性を持ったコーチやスタッフが無償でチームに帯同している現状にも警鐘を鳴らす。仕事としてチームのために動ける人がいなければ、十分な強化は望めない。大槻団長も「もうボランティアでやっている時代じゃない。(国などの政策による環境)整備が行なわれるのを待っていては遅くなる。いますぐ対策をしなければ」とコメントした。

 一方、環境の変化により成果が生まれている選手もいる。

 陸上競技の佐藤圭太(中京大職員)は、陸上競技のオリンピアン為末大氏からのアドバイスで、上半身のビルドアップに取り組んでいる。今年8月に競技用義足を跳ね返りの強いものに新調し、無理なく義足をたわませられるように筋力アップ。身体づくりも走りも未完成というが、今大会で100m、200m、4×100mリレー(片下腿切断などのクラス)の3冠に輝いている。

 パラリンピック選手が今までよりもナショナルトレーニングセンター及び国立科学スポーツセンター(ともに東京都北区)を使用できるようになり、オリンピック選手などのトップアスリートと交流することで、佐藤のような変化がこれから多く生まれるのではないだろうか。

 ロンドンパラリンピックから2年が経ち、ここから2年後のリオ、そして6年後の東京に向けた戦いがいよいよ本格化していく。

瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka