園子温“興収2億円の壁”突破、「TOKYO TRIBE」が監督最高のヒットに。

写真拡大

園子温監督の最新作「TOKYO TRIBE」が、監督初となる興収2億円の壁を公開9週目で突破し、最終興収においても園監督の最高ヒット作となることがわかった。

園監督といえばテレビのバラエティ番組にも頻繁に出演し、音楽活動も始めるなど、その動向が常に注目される映画監督。世界でも注目され、日本に数少ない世界三大映画祭の常連監督であるほか、「TOKYO TRIBE」が出品されたトロント国際映画祭では、今年5年連続の出品となった。

また、園作品に出演することを切望する役者も後をたたず、すでに来年2本の作品を公開することが決まっている。そんな園監督が、意外にもこれまで超えられていなかった壁が、興行成績における2億円の壁だった。

各作品が公開されるごとに話題となり、公開規模が広がっているという印象があるが、「TOKYO TRIBE」までの最大の公開規模は「ヒミズ」。監督の評価を一般的に広めた「冷たい熱帯魚」は、わずか3館公開のスタートだった。

来年には、園監督作品として、最大の製作費、宣伝費をかけた「新宿スワン」が公開を控えるものの、これまでと類する公開規模と予算の作品の中で、監督自身の脚本であり、映画という枠を壊して挑んだ「TOKYO TRIBE」が、大きく立ちはだかっていた最終興収2億円の壁を超えられるのか注目されていた。

本作の観客層は10代後半〜20代前半が占め、前作「地獄でなぜ悪い」で広がった若年層が多く劇場に足を運んでおり、実際15歳未満からの問い合わせ(SNS含む)もあるという。本作「TOKYO TRIBE」のレイティングはR-15、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」がPG12であるのに比べ映倫による厳しい審査をくだされている。

もう少し早い時期に興収2億円を突破すると見込んでいたが、9週目の到達となった。