新型出生前診断と「命の選択」

写真拡大

10月からスタートしたバカリズム脚本の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「素敵な選TAXI」の視聴率が好調だ。1話完結で、タクシードライバーの竹野内豊が毎回登場する豪華ゲストの客に、過去に戻って「選択」のやり直しのチャンスを与えるストーリー。

現実はドラマのようにやり直しができない。「選ぶ」という局面で迷わずうろたえることがないよう、「選択」をテーマにしたこんな本はいかが?

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

遺伝子検査受ける?受けない? 他人事ではない「命の選択」

オニ嫁が実家に帰っている間にほっと一息、の「命のせんたく」なら「たいへんだね、あなたも」と笑い話ですんでしまう。でも軽くすまされないのが「新型出生前診断」。妊婦の血液から胎児の染色体異常を事前に発見できるというものだ。結果を受けて中絶を選ぶことも可能で、いわば親が子の「命の選択」に 関わる。うちの子は大丈夫と楽観的に検査を受けてみたら、重い結果を生んだというケースもある。本書『新型出生前診断と「命の選択」』(著・香山リカ、祥伝社、842円)は、こういった医学の進歩に、心のケアや倫理が取り残されていないか、現状と課題を精神科医の立場で書いたものだ。

米俳優ブラッド・ピットさんの妻、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝子検査を受け乳がん予防のため乳房の切除・再建手術を受けたのは、記憶に新しい。遺伝子検査は、セレブや子供を望む夫婦だけではなく誰でも受けられるようになってきた、他人事ではないと著者は言う。

速く正しく ビジネス力を養うトレーニング本

「後でご連絡します」「上司と相談して」などと悠長なことを言ってチャンスを失っていないか? いかに素早く、正しく決断できるか、その「選択」トレーニングに焦点を当てたのが、『決断の速い人が使っている 戦略決定フレームワーク45』(著・西村克己、学研パブリッシング、1620円)だ。

「改善が進まない某広告会社。メンバーから出てくるのは問題でなくグチ」とか、「メリハリのつけ方の下手な部下への指導法がわからない」など、どこの会社にもありそうな事例をあげながら、解決のための思考法、戦略決定の方法を紹介する。

45のフレームワークは図解され、巻末に一覧表示されているので、それを手帳などに貼り付けて復習するもよし。

お金持ちになりたいなら、長財布を選べ!?

「マイホームを買うなら結婚前か、結婚が決まってからか?」「銀行はメガバンクか信用金庫か?」「クレジットカードは2枚持つのがいいのか、4枚持つのがいいのか」など25の質問に答え、その解説を読みながら、自分自身の金銭感覚を再点検できるのが『お金が貯まるのは、どっち! ?』 (著・菅井敏之、アスコム、1404円)だ。

「宇宙で一番強い力は金利の複利効果だ」(アインシュタイン)、「人間より金のほうが頼りになる、頼りにならぬのは人の心」(尾崎紅葉)など、お金にまつわる格言も随所に入っている。

「なんかお金がたまらんなあ」と現状に不満を持つ人は、折りたたみ財布ではなく、長財布を持つといいそうだ。成功者を数多く見てきた銀行の支店長が、お金持ちの意外な選択と、その理由を一つずつひも解く。