候補が動物の「園長選挙」

写真拡大

福岡市動物園は、2014年11 月1 〜3 日と8 日の計4 日間、選挙体験イベント「どうぶつの園長せんきょ」を開催する。11 月16 日に投開票が行われる福岡市長選挙の投票啓発イベント。

市長選投票啓発イベントとあなどるなかれ、リアルさも追求

園長の座を競うのは、アジアゾウ 、コツメカワウソ、フンボルトペンギン、キリン 、ゴリラの園内5動物。どの動物を「園長」にするか子どもたちが選ぶ。実際の市長選で使用する投票箱やほぼ同規格の候補者掲示板を用意し、「本物感」を出すよう工夫している。親子で思い出に残るイベントに参加して、選挙への興味・関心を持ってもらうのがねらいだ。

「選挙」期間中、投票率を定期的に集計し、動物園ホームページやSNSで最新情報を公開する。おもに子どもたちが参加する「園長選挙」の投票率を発表していくことで、「大人たちよ、子どもに負けるな」というメッセージにする。ちなみに前回の福岡市長選挙では、20 代の投票率が21%の低さだった。

最終日の8日13時に投票を締め切り、即開票。13時30分から新どうぶつの園長が発表される。

10 月28 日にはプレイベントとして体験ツアーを実施する。候補者掲示板の設置、候補者ポスターの掲出、候補全5動物の飼育員による応援演説などが予定されている。