ディズニーが贈る童話のその後、“大人のため”のミュージカル映画。

写真拡大

「アナと雪の女王」で驚異的な大ヒットを記録し、歴史的なミュージカルブームを作り上げたディズニーが、満を持して贈る最新ミュージカルのタイトルが「イントゥ・ザ・ウッズ」に決定した。2015年3月14日(土)に全国で公開される。

本作の主役は赤ずきん・シンデレラ・ラプンツェル・ジャックと豆の木のジャックなどなど……といった“おとぎ話の主人公たち”。しかも「イントゥ・ザ・ウッズ」が描くのは、誰もが知る「〜めでたし、めでたし。」のハッピーエンドだと思っていた物語の“その後”だ。願いを叶えたはずのおとぎ話の主人公たちを待ち受けていた、驚くべき運命とは――。

ディズニーが“おとぎ話を卒業した大人たち”に贈る、おとぎ話の真実を謳った究極の物語となる。

「イントゥ・ザ・ウッズ」は、ブロードウェイの生ける伝説=「ウエスト・サイド物語」のスティーヴン・ソンドハイムのロングラン・ミュージカルで、トニー賞受賞のミュージカル「イントゥ・ザ・ウッズ」をディズニーが大胆に映画化。スティーヴン・ソンドハイムが自ら手掛けたオリジナル舞台の楽曲に加え、ディズニーで描かれる映画のために新曲も提供し“おとぎ話の主人公たち”が、それぞれのWISH(願い)を叶えるため迷い込む“魔法の森”を魅力的に描き出すミュージカルとして完成した。

本作の魔女役には、アカデミー賞の常連メリル・ストリープ。赤ずきんのオオカミ役に究極のコスチュームプレイヤーのジョニー・デップというハリウッドのトップスターが名を連ねる。

さらに、シンデレラ役にはアナ・ケンドリック、その王子役にクリス・パイン、さらにパン屋の妻を演じるエミリー・ブラント、ジャックと豆の木のジャックにはダニエル・ハトルストーンくんが抜擢されるなど、名実ともに超豪華キャストが集結した。

監督はアカデミー賞6部門を受賞した「シカゴ」の巨匠ロブ・マーシャルがメガホン。得意のミュージカルで超豪華キャスト陣の指揮をとる。

映画「イントゥ・ザ・ウッズ」は2015年3月14日(土)、全国ロードショー。