赤瀬川原平さんが死去 1981年の「父が消えた」で芥川賞受賞

  • 美術家、芥川賞作家の赤瀬川原平さんが26日、敗血症で死去した
  • 尾辻克彦の筆名で小説も書き始め、81年に「父が消えた」で芥川賞を受賞
  • 98年の「老人力」は加齢に伴う現象を肯定的にとらえ、ベストセラーとなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング