<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 最終日◇26日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,455ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の最終日。首位からスタートした大山志保は6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。首位を一度も譲ることなく逃げ切り、完全優勝を果たした。

 過去に完全優勝者がいないこの大会。そのことを昨日のラウンド後に聞いた大山は「自分への挑戦だな」と。「ここで強気になれるか、弱気になってしまうのか。そこで自分の真価が問われると思う」と越えるべき目標と定めた。
 そんな強い覚悟を持ってコースへ。スタートの1番でバーディを奪うも、続く2番、3番で共に3パットを叩き連続ボギー。これ以降も不安定なショットが足を引っ張りスコアメイクに苦戦した。そんな中迎えた9番。このホールで「流れが変わった。」と振り返るキーホールとなった。
 相変わらずショットは不調の大山、ティショットを右に曲げ右ラフへ。セカンドショットでグリーンを捉えられず手前のカラーに。さらにパターで放った3打目は、カップまで4メートル残してしまう。そして大山より先に吉田が同じような距離のバーディパットを沈め、1打差に迫られる。
 しかし「この瞬間が楽しいと思えた。このパットを入れる自信があった」とこの大事なパーパットで今日一番の集中力を見せる。5打目。気持ちがボールに乗り移ったかのように一直線にカップへ。ホールに収まるのを見届けると、右拳を握り締め何度も何度もガッツポーズ。初日には見せなかった代名詞でギャラリーを魅了した。
 サンデーバックナインに入ってからは、大山の独壇場だった。10番、11番で早速連続バーディで迫ってきていた吉田を突き放すと、さらに14番、15番でスコアを伸ばし、アン・ソンジュ(韓国)、上田桃子に影を踏ませなかった。最終18番ではバーディチャンスを外すも、最後ウイニングパットをしっかり沈めホールアウト、リーダーボードトップのまま4日間を戦い抜いた。
 今季挙げた2勝は共に完全優勝だが、「ゴルフ5レディス」の時は「あの時は攻めてるつもりだったが、どうしても手前手前と短い番手を握ってしまっていた」と自分のゴルフができず悔いが残った。しかし、今回は自分のゴルフを貫き優勝、前回より充実感を感じているという。
 そんな大山の強さの秘訣は飽くなき向上心。「目標を定め、その為に自分が何をすべきかを考えて突き進んでいる」。過去の反省を活かし、さらに強くなるための努力を彼女は惜しまない。
 現在特定のコーチをつけていない。そのため、自身で試行錯誤し答えを見つけなければならない。それでも「自分自身で掴んだものってなかなか崩れないし、それが大きな財産になっている」と。“これ”といったものを掴むべく奮闘している。今大会前に変えたスイングもその1つだ。
 また、スイング同様ギアにも“これ”といったものを求める大山。「ゴルフ5レディス」以前からテストしているクラブは、ビッグスコアを出して優勝しても尚「すっごい気に入ってるんですけど、ある部分がしっくりこなくて…」と3ヶ月以上テストし続け、自分に合うギアをメーカーと探求している。
 今の一番の目標は、2016年のオリンピックに出場すること。ゴルフがオリンピック競技と発表になったときに決めたという、その夢のために37歳になってもなお、現状に満足することなく日々努力を続ける。志を保ち続けると書いて“志保”、その志は衰えることを知らない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】開幕2試合、それぞれの意義
今週の「美ゴ女」にはフリーアナウンサーが登場!
女子プロたちの秘蔵写真は必見!「女子プロ写真館」