[コンチネンタル杯2014]最終戦勝利もGL敗退を悔やむFP佐藤「非常に不本意な結果」

写真拡大

[10.25 コンチネンタル杯2014 日本 6-0 グアテマラ クウェート]

 コンチネンタル杯は25日、大会3日目を迎え、フットサル日本代表はフットサルグアテマラ代表と対戦した。2試合連続完封負けを喫して、すでにGL敗退の決まっていた日本だったが、この日は意地を見せる。大量6ゴールを挙げて、6-0で勝利した。

 試合後のFP佐藤亮のコメントを、JFA公式HPが伝えている。佐藤は、「昨日までの試合結果を受けてグループリーグ敗退が決まっている状況ではありましたが、日本代表として結果にこだわり、全員で最後まで戦うということを確認して高いモチベーションを持って今日の試合に臨みました。内容は昨日のチェコ戦同様、日本のディフェンスがうまく機能したところから良い流れが掴めたと思います」と、守備が機能したことでリズムがつかめたと話す。

さらに「オフェンスの部分でも自陣からのプレス回避、ボールポゼッションからゲームの主導権を握ることができましたが、昨日の試合との違いはそこで得点が奪えたことにあります。得点力という部分は今大会を通じて大きな課題であると思いましたが、選手間で細かなコミュニケーションを取り、その成果が形になって出る場面も増えてきました」と、攻撃面ではチェコ戦から修正ができたことを強調した。

 そして、「今大会はグループリーグ敗退ということで代表チームとしては非常に不本意な結果になってしまいましたが、チーム、個人共にこのレベルの相手に通用した部分、そしてまだまだ修正していかなければならない部分をレベルアップできるよう、クラブに戻ってから意識してこれから取り組んでいきたいと思います」と、語っている。

 フットサル日本代表は、12月18日と20日に国内で親善試合を行い、2014年の活動を終える予定となっている。

第3戦vsグアテマラのハイライトはコチラ

第2戦vsチェコ戦のハイライトはコチラ

第1戦vsブラジルのハイライトはコチラ