[コンチネンタル杯2014]ヒールリフトでスーパー初ゴールのFP室田「結果を残したかった」

写真拡大

[10.25 コンチネンタル杯2014 日本 6-0 グアテマラ クウェート]

 コンチネンタル杯は25日、大会3日目を迎え、フットサル日本代表はフットサルグアテマラ代表と対戦した。2試合連続完封負けを喫して、すでにGL敗退の決まっていた日本だったが、この日は意地を見せる。大量6ゴールを挙げて、6-0で勝利した。

 この試合のハイライトは、日本の3点目だろう。中盤でボールを奪ったFP室田祐希(エスポラーダ北海道)は、そのまま相手GKと1対1になると、ヒールリフトでゴレイロの頭上を抜くゴールを決めた。これが代表初ゴールとなった室田のコメントをJFA公式HPが伝えている。

 室田は、「グループリーグ敗退が決まっていましたが、全員の勝ちたい気持ちが出ていた試合だったと思います。個人としては代表初ゴールを決められて嬉しい限りですし、結果を残したかったのでホッとしています。コンチネンタルカップはグループリーグ敗退となってしまいましたが、この悔しさをバネに帰国してからさらに頑張りたいと思います」と、決勝トーナメントに進めなかったことを悔しがった。

 フットサル日本代表は、12月18日と20日に国内で親善試合を行い、2014年の活動を終える予定となっている。

第3戦vsグアテマラのハイライトはコチラ

第2戦vsチェコ戦のハイライトはコチラ

第1戦vsブラジルのハイライトはコチラ