ゾンビとクマが戦ったらどちらが勝つのか(動画あり)

写真拡大

全米野生生物連盟が「ゾンビ対野生動物」と題された動画シリーズをスタートさせた。記念すべき1回目でゾンビの相手をするのは、「クマ」。グリズリーとアメリカグマだ。

「ゾンビとクマが戦ったらどちらが勝つのか(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ゾンビは確かに恐ろしい。死を克服したこのモンスターは、頭部を切り離しでもしない限り何度でも立ち上がって襲ってくる。

しかし、野生動物は、もっと恐るべき存在だ。全米野生生物連盟(National Wildlife Federation)のブログでは、『ゾンビ対野生動物』という連載がスタートしている。記念すべき(!?)第1回の挑戦者は「クマ」で、アメリカに生息するグリズリーやアメリカグマとゾンビとの決戦をシミュレートしている。

確かにクマたちには強力な武器がある。『National Geographic』によれば、グリズリーの爪は6インチ(15cm)にも達するというし、アメリカグマは鉄のアイロンをも貫く歯をもっている。

関連記事「グリズリーに食べられる瞬間」を体験できる動画

リングサイドの解説担当、デヴィッド・ミゼジュスキーによると、ポイントとなるのは闘いが「冬眠前のタイミング」に行われることだという。腹を空かせたクマたちは、数十単位のゾンビを骨になるまで食べ尽くすのだ。

この食欲こそがクマがゾンビに勝利する理由で、1,200ポンド相当のグリズリー、500ポンド相当のアメリカグマでさえそれくらいの貪欲さをもっているのだという。

同連盟のYouTubeチャンネルでは今後、グリズリーだけでなく、コヨーテなどの野生動物についても取り上げるようだ。

11月25日発売の『WIRED』の特集は「死の未来」
Amazonで購入する>>

雑誌『WIRED』VOL.14(11月25日発売)では、これからの「死」をフィーチャー。再生医療やマインドアップローディングその他の最新テクノロジーだけでなく、ゾンビという存在の深層にも迫ります。その他、モスクワに潜むエドワード・スノーデンの独占インタヴューを実現したUS版『WIRED』の翻訳記事も掲載予定! 現在Amazonで予約受付中です。

TAG

AnimalNatureVideoWild LifeZombies