山本裕典が不遇の時代を告白「褒められることが一度もなかった」

ざっくり言うと

  • 山本裕典が駆け出し時代を振り返った
  • 「どこに行っても怒られていて、褒められることが一度もなかった」と回顧
  • 「人の目ばかりを気にして、人見知りでもあった。存在感も薄かった」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング