仕入れ判断のコツは、Amashowのグラフからアマゾンマーケットプレイスの価格変動を読み取ること
懸命に働いてもなかなか給料が上がらない昨今、副業として人気の“ネット転売”は本当に儲かるのか? 転売事情通や実践者に話を聞いた

◆ドンキ転売の鉄則

 ドン・キホーテで仕入れたゲームやCD、雑貨やコスメを販売してきたさくらこ氏。そのキッカケはある転売ブログだった。「ドンキでも仕入れができるという記事を読み、すぐに行ってみたんです。そしたら、3000〜1万円弱のDVDが全て500円均一セールになっていたんです。目を疑いましたね(笑)。結局それで5万円の利益でした」

 それから他の商品も仕入れるようになり、今では毎月の売り上げは70万円、利益は30万円になったという。

「はじめは仕入れ判断が難しいかと思いますが、とにかく数をこなすことですね。仕入れの壁にぶつかったときは、『せどりすと』(iPhone用)や『せどろいど』(Android用)といった無料アプリも参考にしてみてください」

 まずは初心者向けのアマゾンに出品し、慣れてきたら、ヤフオクなどを併用していくのも手だという。

「転売に失敗はつきものですが、『とにかく成功するまでやってみよう』という気持ちが大切です」

 幅広い品ぞろえのドン・キホーテが転売を学ぶにはもってこいなのだ。

【さくらこ氏】
一般企業に勤める「副業せどりOL」。CDやDVDをメインに、本、家電、ゲーム、アパレルなどオールジャンルの商品を取り扱う。ブログ「さくらこの副業わくわくせどり生活」も更新中

― ド素人がネット転売で稼ぐ6つの鉄則【5】 ―