[コンチネンタル杯2014]2試合連続ノーゴールの日本代表 FP滝田「得点機の失態は悔やまれる」

写真拡大

[10.24 コンチネンタル杯2014 日本 0-4 チェコ クウェート]

 フットサル日本代表は、24日に行われたチェコ代表戦に0-4で敗れて、大会2連敗。1次グループでの敗退が決定した。試合後のFP滝田学(ペスカドーラ町田)のコメントを、日本サッカー協会が伝えている。

 滝田は「グループステージ突破をかけた戦いで、コンディション、メンタル共に充実した状態で試合に挑めたと思います」と試合に良いコンディションで臨めたことを強調しつつ、だからこそ、課題が残ったと話す。

「しかし勝てませんでした。終わってみて、自身の得点機の失態は正直悔やまれますし、キャプテンとしても試合を通してやれることがもっとあったと今は思っています」

 2連敗で準決勝に進めなかったことを重く受け止める滝田は、最後に「結果が全てですが、今ある状況を認識して消化し、常に歩みを止めないようにグアテマラ戦との試合に挑みます。全力で頑張ります」と、気持ちを切り替えた。

第1戦vsブラジルのハイライトはコチラ

第2戦vsチェコ戦のハイライトはコチラ