[10.24 コンチネンタル杯2014 日本 0-4 チェコ クウェート]

 コンチネンタル杯は24日に大会2日目を行い、フットサル日本代表は、フットサルチェコ代表と対戦した。日本は0-4で敗れて大会2連敗。チェコとブラジルが2連勝したため、1次リーグ敗退となった。

 前半2分に日本は、FPレセター・ルーカスに先制点を決められ、1点を追いかける状態で前半を折り返す。後半3分には、FP星翔太(バルドラール浦安)がボールを奪われ、速攻を受けると、再びルーカスにゴールを決められた。さらに5分にもFPセイドラー・マイケルに速攻を許して、3点差に広げられた。終盤、パワープレーから反撃を試みた日本だが、無人のゴールをルーカスに割られて、0-4で敗れている。

 日本は初戦のブラジル戦に続き、またもノーゴールで、1次リーグ敗退が決定している。

試合のゴールシーンの動画はコチラ