マリ政府、同国で初めてエボラ熱と確認された女児が死亡と発表

ざっくり言うと

  • 西アフリカのマリ政府は24日、エボラに感染した2歳女児が死亡したと発表
  • 女児は、同国で初めてエボラ出血熱感染者と確認されていた
  • WHOによると、女児の治療にあたった医療従事者らが隔離された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング