左から「クランベリー ブリス ホワイト モカ」、「スノー メイプルトフィー ラテ」、「ジンジャー ブレッド ラテ」

写真拡大

スターバックスコーヒージャパンは2014年11月1日から、「Let there be bright 〜輝きで満たそう〜」をテーマに、「スノー メイプル トフィー ラテ」と「スノー メイプル トフィー フラペチーノ」などを期間限定で発売する。

ことしも「ジンジャーブレッド」が登場

「スノー メイプル トフィー ラテ」(ショート420円、トール460円、グランデ500円、ベンティ540円=税抜)は、雪の上に熟したメイプルシロップを流して作る、北米で冬に親しまれているローカルフード「スノー メイプル トフィー」というキャンディをヒントに開発した日本オリジナルのドリンク。メイプルバターを思わせる、なめらかでリッチなメイプルソースに、薫り高いエスプレッソ、スチームミルクを組み合わせ、ホイップクリームの上からはメイプル風味のソースとキャンディ、雪に見立てた粒状のシュガーをトッピングした。芳醇な味わいや食感だけでなく、冬の訪れを感じられる雪が舞い落ちたかのような見た目も楽しめる。同フレーバーのフラペチーノも展開する。

赤と白のクリスマスカラーが印象的な「クランベリー ブリス ホワイト モカ」(サイズと価格はスノー メイプル トフィー ラテと同じ)も新登場。スターバックスのホリデースイーツとして長く愛されている「クランベリーブリスバー」をモチーフに、「ホワイトモカ」にシュガーコーティングしたドライクランベリーとクランベリー入りのホワイトチョコレートチップをトッピング。まろやかさと甘酸っぱさの味のコントラストが楽しめる、こちらも日本限定のエスプレッソドリンクとなっている。

また、アメリカの過程でクリスマス前に焼かれるジンジャーブレッドクッキーからインスパイアされた「ジンジャーブレッドラテ」(ショート410円、トール450円、グランデ490円、ベンティ530円=同)も再登場する。