<ザ・マクグラドレー・クラシック 2日目◇24日◇シー・アイランド・リゾート>
 米国男子ツアー「ザ・マクグラドレー・クラシック」の2日目。29位タイスタートのラッセル・ヘンリー(米国)が8バーディ・1ボギーの“63”で通算9アンダーまで伸ばし単独首位に浮上した。
 この日INスタートのヘンリーはスタートの10番でボギーと出だしで躓いた。しかしその後立て直し14番でこの日初のバーディでスコアを戻すと16、18番でもバーディを奪いスコアを伸ばした。完全に流れを掴んだヘンリーは後半で大爆発。折り返してすぐの1番で早速バーディを奪うと4、5、6番で3連続バーディ。続く7番でバーディチャンスを外し連続バーディは3で止まるも次の8番でバーディを奪い9アンダー単独首位でホールアウトした。後半で一気にスコアを伸ばし単独首位に浮上したヘンリー。ツアー3勝目に向け最高の位置で決勝ラウンドへ駒を進めた。
 1打差の通算8アンダー2位タイは初日ブライアン・ハーマン(米国)、アンドリュー・サボボダ(米国)、ブレンドン・デ・ジョン(ジンバブエ)の3人が並んだ。続く7アンダー5位タイにはウィル・マッケンジー(米国)、マーク・ウェイルソン(米国)、ファビアン・ゴメス(アルゼンチン)の3人が並ぶ。また、初日5位タイと好位置につけたS・J・パク(韓国)はスコアを1つ落とし通算3アンダーで28位タイに後退した。
【初日の結果】
1位T:ラッセル・ヘンリー(-9)
2位T:ブライアン・ハーマン(-8)
2位T:ブレンドン・デ・ジョン(-8)
2位T:アンドリュー・サボボダ(-8)
5位T:ウィル・マッケンジー(-7)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】開幕2試合、それぞれの意義
樋口久子がゴルフ界初となる「文化功労者」に選出
毎週厳選フォトをアップ!「女子プロ写真館」
今週はフリーアナウンサーが登場! 「美ゴ女」