業界初360°センシングで死角ゼロ

写真拡大

三菱電機(東京都千代田区)から、ルームエアコン「霧ヶ峰」の新商品であるZシリーズ12機種が2014年10月下旬から順次発売される。冷えやすい足を温めながら窓からの冷気もカットできる。

暖房効率アップと省エネを両立

足元の温まりや電気代への不満から、エアコンは冬場の暖房のメインになりにくいという。Zシリーズは360°センシングで部屋をくまなく見張り手足の温度を計測する「ムーブアイ極(きわみ)」、冷気のカットも行う「匠(たくみ)フラップ」を搭載。省エネNo.1を実現した新構造の室内機と圧縮機も採用し、2つの不満を解消する。

使い勝手の良いタッチパネル液晶のリモコンも業界初。自分好みのメニューを表示できるカスタマイズや、シンプルなメニューのみ表示するかんたんモードに切り替える機能がついている。