(C) 宇仁田ゆみ/小学館 (C) 2015「スキマスキ」製作委員会

写真拡大

宇仁田ゆみさんの『スキマスキ』が、実写映画として2015年2月7日(土)から全国上映されることが決定。

主演は、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で花岡郁弥役をつとめた劇団EXILEの町田啓太さんと、ブルーリボン賞受賞の女優・佐々木心音さん。

次ページには、2人から寄せられているコメントも掲載。

「うさぎドロップ」宇仁田ゆみの名作フェチズムマンガが映画化



2011年にアニメ化・実写映画化され大ヒットを記録した『うざぎドロップ』で知られる宇仁田ゆみさんによる、2001年から2003年にかけて連載された全1巻完結の『スキマスキ』。

隣人の私生活をのぞき合う、禁断と背徳の日々を描くフェチズムの名作として人気を誇っている。

今回、カーテンの隙間から隣家の隙だらけの女の子の私生活を覗く大学生・ヘイサクを町田啓太さんが、覗かれながらも覗かせるという腹に一物抱えたヒロイン・文緒を佐々木心音さんが演じる。

他にも、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や映画『愛の渦』など話題作への出演が続く中村映里子さん、劇団EXILEのメンバーでありドラマ「GTO2」にも出演し注目を集める八木将康さんら、期待の若手が脇を固める。

『ソーローなんてくだらない』『女の穴』など海外映画祭での人気も高い吉田浩太さんによる監督・脚本のもと、原作の世界観を意識しながも大胆な演出を施し、覗いているうちに恋した女性を覗き続けるしかない恋愛下手な男が、妄想・葛藤する青春ラブコメディとなる。

町田啓太コメント(ヘイサク役)



映画初主演が決まった時の、お気持ちは?また、撮影を終えて今のお気持ちは?



主演のお話しが来たとき、素直に凄く嬉しかったです。

初主演で初ラブコメディー作品ということで撮影に入るのがとても楽しみでしたし、監督の吉田浩太さんがどんな世界観で演出されるのかも凄く楽しみでした。

撮影期間が短かったのもあって、より色濃い作品になったのではと思っています。

共演者の方々とスタッフのみなさんと、とにかくたくさんの方々に楽しんでいただける作品づくりに励ませていただきました。



台本を読んだ時の率直な感想をお聞かせ下さい。



スキマスキの原作は読んだことがなかったのですが、台本を読ませていただいたら出てくる登場人物がすごく個性的で魅力的だなと感じました。

また主人公のヘイサクは隙間フェチというコンプレックスを持った平凡な大学生、そんなコンプレックスを持っている自分自身を認めて自分らしくあればいいんだと感じていく成長物語でもあると思いました。



これからご覧になる方にメッセージを。



出てくる登場人物がそれぞれすごく魅力的なのでその人物たちがどのように触れ合い成長していくのか、ヘイサクとフミオはどうなるのかも楽しんでいただける見所だと思いますし、自分らしくあればいいんだというメッセージが詰まった作品ですのでよりたくさんの方に見ていただければ嬉しいです。

たくさん笑いながら是非ご覧ください!



佐々木心音コメント(文緒役)



台本を読んだ時の率直な感想をお聞かせ下さい。



元々原作の漫画を読んでいたので、世界観が全く変わらない台本で嬉しかったです。

普通の青春ストーリーに「のぞき」を足しただけで、こんなにも可笑しくなるなんて、、、私の知らない世界が広がった気がしました。



原作ファンの多い漫画の実写化ですが、ヒロインの文緒を演じるにあたって意識したことはありますか?何か役作りをしましたか?



文緒は、絶対的に「かわいい」がないと成り立たない。

そう思ったんです。

だから、今までキャラクターの濃い役しかやってこなかった私が、「文緒」を演じきれるのか、正直ものすごく不安でした。

でも、吉田監督の「LOVE&PEACEな子だと思うんだ。」という一言で、私も文緒と一緒になって、シンプルになっていったような気がしています。

結果、かわいくなっているかどうかはわからないですけど 笑



これからご覧になる方にメッセージを。



「スキマスキ」は、すこし歪んでて、すごく素直で、愛らしい青春映画だと思います。

文緒として見ていて、本当にヘイサクくんは「愛らしいバカ」でした。

共演者みんなの空気感も居心地がよくて、大学生活の無かった私はここで体感したような気がしています。

そんな空気が、皆さんに伝わったら嬉しいです。 

あらゆるスキマを、どうぞご堪能くださいませ。