会社員を暴行死させた被告 正当防衛が認められず懲役7年の判決

ざっくり言うと

  • 島根県で2012年、会社員男性への傷害致死罪に問われた男の裁判員裁判
  • 松江地裁は24日、懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した
  • 被告側は正当防衛を主張していたが、一方的に暴行に及んだと裁判長は指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング