写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TDKは10月23日、ネジ端子形アルミ電解コンデンサ「B43703*/4*/5*」3シリーズを発表した。

「B43703*」シリーズは、定格電圧が350V DC〜450V DC、静電容量が1500μF〜2万2000μFである。サイズは直径51.6〜90.0mm、高さ80.7〜197.0mmと、従来比で最大20%の小型化を実現しつつ、同等のリプル電流耐量を備えている。

「B43704*」シリーズは、従来比でリプル電流耐量を最大25%高めたのに加え、直径51.6mm〜90.0mm、高さ80.7mm〜221.0mmと、さらなる小型化も実現した。定格電圧は350V DC〜550V DCで、静電容量は820μF〜2万2000μFとなっている。

「B43705*」シリーズは、直径51.6mm〜90.0mm、高さ80.7mm〜221.0mmと、コンデンサのサイズはそのままに、リプル電流耐量をさらに高め、従来比で最大40%の向上を実現した。定格電圧は350V DC〜450V DCで、静電容量は1000μF〜1万8000μFである。

3シリーズとも、動作周囲温度は85℃、耐用寿命は1万2000時間となっており、ケース底板に固定用のスタッドボルトが付いたタイプ「B43723*/4*/5*」もラインアップされている。3シリーズは、産業機器用インバータへの搭載に最適であるとしている。

(日野雄太)