10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(3)

 1964年にアジアで初めてとなるオリンピックが東京で開催され、戦後からわずか19年しか経っていない日本は、スポーツの舞台で復興した姿を世界中にアピールした。日本は、第1位・アメリカ合衆国(36個)、第2位・ソビエト連邦(30個)に次ぐ、第3位の合計16個もの金メダルを獲得。オリンピックという世界的祭典で日本選手が活躍する姿に、国民はテレビに釘付けとなり、熱狂した。

 また同時に、東京オリンピックは世界レベルを身近に体感した大会でもあった。日本のトップ選手が世界各国の選手に大きく差を開けられるというシーンは、少なからず日本国民に衝撃を与えたことだろう。東京オリンピックでは、陸上や競泳といったタイムを争う競技で世界記録が連発。陸上男子100メートルでは、アメリカのボブ・ヘイズが10秒06という世界タイ記録をマーク。さらに、男子4×100メートルリレーでも、ヘイズはアメリカチームの一員として走り、39秒0の世界新記録を樹立した。

 1960年代、高度経済成長の波に乗った日本は、首都高速道路や東海道新幹線が開業するなど、すべての産業が飛躍的に拡大していった。その集大成のひとつとして開催された1964年の東京オリンピックから、今年で50年――。排気ガスが社会問題となっていた自動車産業は、新たなエネルギー源で走る電気自動車を生み出し、海外旅行者は80倍近くに跳ね上がり(1964年=約22万人、2013年=約1747万人)、壁につながれたダイヤル式の黒電話はタッチパネル式の携帯電話に変わった。このように目まぐるしく変化した半世紀で、スポーツの世界記録はどのぐらい縮んだのだろうか?

 まず、前述の男子100メートルから見てみよう。ヘイズが世界タイ記録の10秒06を出した50年後の現在、世界最速タイムとして記録されているのは、ジャマイカのウサイン・ボルトが2009年の世界選手権で叩き出した9秒58だ。「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類最速のスプリンターは、2008年の北京五輪で3個の金メダル(男子100メートル、男子200メートル、男子4×100メートルリレー)を獲得。196センチの長身を生かした大きなストライド走法は、レース中盤から爆発的な加速力を生み、世界新記録を出したレースでボルトは最高時速44.17km/hをマークした。

 ボルトの保持する世界最高記録(9秒58)と、1964年の東京オリンピックで金メダルに輝いたヘイズのタイム(10秒06)を比較すると、男子100メートルのトップタイムは50年間で0.48秒、タイムが縮まった。よって、両者がそのタイムで同時に100メートルを走ったならば、ボルトはヘイズを約4.8メートルも引き離してゴール、ということになる。

 2013年4月、織田記念に出場した当時高校3年生の桐生祥秀は、日本歴代2位となる10秒01をマークした。これにより、ヘイズの出した当時の世界タイ記録(10秒06)を上回るタイムを持つ日本人選手は、50年間で4人も生まれている(1998年・伊東浩司=10秒00、2001年・朝原宣治=10秒02、2003年・末續慎吾=10秒03)。半世紀をかけて、日本人は100メートル走で50年前の世界記録レベルに達したと言えるだろう。

 また、走る距離が長くなると、50年間で世界記録のタイム差も大きくなるのではないだろうか。そのように考え、男子10000メートルと、男子マラソンの記録を振り返ってみた。東京オリンピックの男子10000メートルでは、アメリカのビリー・ミルズがオリンピック新記録となる28分24秒4で金メダルを獲得。当時の世界記録(28分15秒6)を持っていたオーストラリアのロン・クラークは銅メダルに終わった。そして現在、男子10000メートルの世界記録は、エチオピアのケネニサ・ベケレが2005年にマークした26分17秒53だ。つまり、10000メートル走の世界最高タイムは50年間で1分58秒07も縮まっている。

 となると、1964年の東京オリンピックで現在の世界記録が生まれていたら、約744.6メートルもの大差でミルズを引きちぎってベケレがゴールすることになる。つまりその距離、陸上のトラック2周弱だ。50年前の金メダリストが周回遅れになるほど、世界記録は大幅に更新されているのである。ちなみに昨年、ロシアで行なわれた世界陸上での男子10000メートルの参加標準記録は、A標準が27分40秒00、B標準が28分5秒00。ミルズの持ちタイムでは、今の世界陸上には参加できない。

 では、男子マラソンはどうだろう。東京オリンピックで金メダルを獲得したのは、「エチオピアの英雄」アベベ・ビキラである。アベベはこのレースで、それまでの世界記録を1分44秒も縮める2時間12分11秒で優勝し、五輪2連覇を達成した。円谷幸吉が銅メダルを獲得したこともあり、アベベの圧倒的な走りは多くの日本国民の記憶に刻まれたことだろう。

 だが、東京オリンピック開催からちょうど50年経った2014年9月、ついにマラソンの世界は2時間2分台に突入した。ベルリンマラソンでケニアのデニス・キプルト・キメットが2時間2分57秒で優勝し、新たな扉を開けたのである。東京オリンピックでのアベベとのタイム差は、9分14秒。世界記録を樹立したときのキメットが東京オリンピックを走っていたら、約2947メートルもアベベを引き離して国立競技場のテープを切ることになる。約2.9キロとは、ざっと国立競技場から渋谷のハチ公前までの距離だ。もちろん、マラソンという種目は、特にコースの違いや気候の変化によってタイムが大きく影響するため、両記録を単純に並べて比較はできないが......。

 一方、タイムで争う競技ではなく、長さや高さで勝負する陸上競技の世界記録を見てみよう。たとえば、男子走り幅跳びの世界記録は、1991年に東京で行なわれた世界陸上でアメリカのマイク・パウエルが出した8.95メートルだ。1964年当時の世界記録は、アメリカのラルフ・ボストンが持っていた8.34メートル。その差は61センチである。

 男子走り高跳びの世界記録は、1993年にキューバのハビエル・ソトマヨルがマークした2.45メートル。東京オリンピックで金メダルを獲得したのは、2.28メートルの当時世界記録を持っていたソビエト連邦(現ロシア出身)のワレリー・ブルメルだった。世界記録は50年前から17センチ伸びたわけだが、当時の跳躍スタイルは、「ベリーロール」。1968年のメキシコ・オリンピックでアメリカのディック・フォスベリーが「背面跳び」を世界大会で最初に実施したことにより、走り高跳びの記録は飛躍的に伸びた。

 また、男子棒高跳びのほうは、1994年にウクライナのセルゲイ・ブブカがマークした6.14メートルである。1964年当時の世界記録は、アメリカのフレッド・ハンセンの持つ5.28メートル。この50年間で88センチも世界記録が伸びているが、ポールの材質の進化によって飛躍した側面もあるだろう。

 そして、男子ハンマー投げは、1986年にソビエト連邦(現ウクライナ出身)のユーリ・セディフが記録した86.74メートルだ。東京オリンピックでは、ソビエト連邦(現ベラルーシ出身)のロムアルド・クリムが69.74メートルのオリンピック新記録で金メダルを獲得。銀メダルに終わったハンガリーのジュラ・ジボツキーは翌年に73.74メートルの世界新記録を樹立するが、それでも現在との差は13メートル。室伏広治の持つアジア最高記録(84.86メートル)とも10メートル以上の差があるのだ。

 これらを見ても分かるとおり、この50年間で陸上競技は、どの種目でも目覚しい進歩を遂げた。ただ、長さや高さを競う主な競技では10年以上、世界新記録が生まれていない。2000年以降で世界新記録をマークしたのは、2008年にチェコのバルボラ・シュポタコバが72.28メートルを記録した女子やり投げ、2009年にロシアのエレーナ・イシンバエワが5.06メートルをマークした女子棒高跳び、2014年にポーランドのアニタ・ヴォダルチクが79.58メートルを放った女子ハンマー投げ......ぐらいだ。男子の世界は、もはや頭打ち、ということなのだろうか。

 まだまだ歴史を振り返ると、様々な違いが見えてくるのだが、ざっと50年前と現在の世界最高記録を比較してみた。6年後――、2020年に東京オリンピックが開催されるころには、どこまで記録が伸びているのだろうか。そんな想いを巡らせてみるのも、オリンピックの楽しみ方のひとつだ。

スポルティーバ●文 text by Sportiva