オンライン詐欺の被害は年間約1,200億円:英国

写真拡大

英国におけるハッキング、なりすまし、オンライン攻撃などの実態に関する調査が行われた。オンライン詐欺の被害は年間6億7,000万ポンド(約1,200億円)に上ると推測されている。

「オンライン詐欺の被害は年間約1,200億円:英国」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国の官民共同のインターネット安全団体「Get Safe Online」の発表によると、同国でハッキング、なりすまし、オンライン攻撃などを受けたことがある人の率は51%に上り、犠牲者の半数は「非常に」あるいは「極度に」侵害されたと感じている。

(関連記事)ネット恋愛の代償は10万ドル

Get Safe Onlineの調査ではほかに、英国民の53%が、ヴァーチャル世界における犯罪は「現実世界」の犯罪と同じくらい深刻だと考えていることが明らかになった。また、サイバー犯罪被害者の54%が犯人を積極的に捜しているが、見つかったのは14%だけだった。

さらに、オンライン犯罪の被害を受けたが当局に報告しなかった人の数はその半数に上る。47%の人は、オンライン犯罪をどこに報告すればよいのかを知らなかった。もっともこの数字は、英国政府が最近設置した詐欺対策専門機関「Action Fraud」の取り組みによって減少していくと見られている。

英国詐欺情報局(NFBI)は、オンライン詐欺の被害が年間6億7,000万ポンド(約1,200億円)に上ることを明らかにしているが、報告されていない件数を踏まえると、実際にはこの数字はもっと多いと推測される。

内閣府担当大臣のフランシス・モードは、「英国のサイバー市場は年間800億ポンド(14兆円)相当であり、さらに増加している」と述べている。「サイバー犯罪への捜査当局の対応を支援する8億6,000万ポンド(1,500億円)のサイバー・セキュリティー・プログラムが行われており、さらに民間と共同して、あらゆる企業の重要な情報資産の保護に務めている」

10月26日(英国時間)まで行われる2014年の「Get Safe Online」ウィークでは、オンラインで「犠牲者にならない」ように、簡単な防御策に従うことを呼びかけている。コンピューターとモバイル機器では強力なパスワードを使うこと、オンラインで商品を買う際に慎重になること、知らない人から送られてきたリンクをクリックしないこと、そして、アカウントやウェブサイトは利用後に必ずログオフすることなどだ。

TAG

CybercrimeUKWiredUK