写真提供:マイナビニュース

写真拡大

小林製薬はこのほど、「2014年 職場における喫煙者の"せき・たん"実態調査」の結果を発表した。同調査は9月26日〜27日にインターネット上で実施。ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上で、会社に勤める男性喫煙者309名(30代〜50代)、および職場に喫煙者のいる女性会社員312名(20〜50代)から回答を得た。

○約8割の男性喫煙者が、職場での喫煙に伴う"せき・たん"を気にしている

調査の結果、約8割(77.7%)の男性喫煙者が、「職場での喫煙に伴う"せき・たん"が気になっている」ことがわかった。

しかし、喫煙に伴う"せき・たん"のケアをしている男性喫煙者は28.8%に止まっており、さらに「のど飴をなめる」(ケアをしている人の70.8%)などのケアをしていても、そのケアに満足できていない喫煙者は43.8%にのぼった。男性全体で見ると、70.6%が「自分の"せき・たん"の症状を改善したい」と考えていた。

○女性からは「一緒の仕事を避けたい」などの声

女性に「喫煙者(同僚や上司)の喫煙に伴う"せき・たん"が気になった経験」を聞いたところ、気になった経験のある女性は約半数(46.8%)となった。さらに、57.1%が「喫煙に伴う"せき・たん"の気になる男性喫煙者との仕事を避けたい」と回答した。

せきやたんが気になった時の女性の対処法については、「近寄らないようにする」(58.9%)、「言いづらいため特に対処しない」(41.8%)などとなった。また、81.1%は「普段から喫煙に伴う"せき・たん"をケアしている喫煙者に好印象」を持っていた。

○「避けられて傷ついた…」職場で肩身の狭い男性喫煙者

「喫煙に伴う"せき・たん"が原因で、同僚から職場で避けられた」と感じた経験がある男性喫煙者は17.8%だった。具体的には「嫌そうな顔をされる」(54.5%)、「少し距離を置かれる」(45.5%)、「窓を開けるなど、換気される」(38.2%)などがあがった。また、同僚から職場で避けられたと回答した人の81.8%が、「同僚から避けられて傷ついた」と答えた。

(エボル)