今季の女子ゴルフ界で、シーズン途中から一躍ブレイクした選手と言えば、鈴木愛(20歳)だろう。

 昨年、プロテストを合格したばかりで、今年8月まではほぼ無名の存在だった。それが、日本女子プロ選手権(9月11日〜14日/兵庫県)で、申ジエや成田美寿々ら、賞金ランク上位の実力者を相手に粘り勝ち。ツアー初優勝がメジャー大会ということも相まって、その名を一気に知らしめた。

 しかも、20歳と128日で優勝した鈴木は、2006年大会で宮里藍が打ち立てた21歳83日という大会最年少優勝記録を塗り替えた。そうした記録というのは、人生において一度しか巡ってこないチャンス。それをモノにできるかどうかは、その後の人生にも大きな影響を及ぼすことがある。そういう意味では、鈴木はゴルフ人生において、最高のスタートを切ったと言ってもいい。

 それにしてもなぜ、実質プロ初年度で、レギュラーツアーでもほとんど実績がなかった鈴木が、いきなりメジャータイトルを手にすることができたのか。

 技術的なポイントを挙げれば、中・高校時代から取り組んできた筋力トレーニングの成果があるという、その飛距離だ。身長155cmと小柄ながら、平均240ヤードのドライバーショットを繰り出す。日本の女子ツアーの中では十分に"飛ばし屋"の部類に入り、全長6600ヤードを超えるメジャー大会のセッティングも苦にしなかった。

 さらに、春先から取り組んでいるフェードボールによって、ショットの安定感が増した。鈴木が語る。

「ドローボールでも、技術があればツアーで戦っていくことはできると思うんですけど、やはりフェードボールのほうが(グリーンに)止まりやすいし、曲がり幅も少ない。それで、スコアを安定させるためにはフェードなのかなと思って、(この春から)思い切って持ち球を変えました」

 おかげで、メジャー設定の高速グリーンにも対応。今では状況によってフェードとドローを打ち分けられるようになって、攻め方の幅が一層広がったという。

 メンタル面の成長も、大きな要素だ。「宮里藍が目標」と報じられている鈴木だが、実はもうひとり、彼女が目標とする選手がいる。女子プロ選手権でも優勝を争った申ジエである。

「スイングとか、攻めのゴルフスタイルとか、すごく見習うところが多い。そして何より、いつも笑ってプレイしているじゃないですか。悪い結果になっても、なんであそこまでニコニコしていられるんだろうって、(申ジエのことは)いつも見て、参考にしています」

 そうやって、申ジエのスタイルを見習ってきた効果が、今季途中から徐々に出てきたという。

「今までは、完璧を求め過ぎて、ちょっとしたミスでイラッとして、そこからリズムが悪くなったり、ミスを重ねたりしていました。でも最近は、ミスをしても『まあ、そのうちいいこともあるだろう』って思えるようになったり、笑顔でいられたりすることが増えました。"笑える"のは、それだけ余裕があること。それぐらいじゃないといい成績は出せないと思って、できるだけ笑ってラウンドするように心掛けています」

 女子プロ選手権優勝は、そんなメンタル面、気持ちのコントロールがうまく生きた結果だった。

 最終日の終盤、2位に2打差をつけてトップを立った鈴木だったが、勝負どころの16番でボギーを叩いてしまった。ツアー優勝の経験もなく、プロになったばかりの選手とすれば、そこからズルズルと後退してもおかしくなかった。だがそのとき、鈴木はキャディーと笑顔で会話をかわしていたのだ。

「(そのことは)覚えていないんです。でも、まだ(2位と)一打差あったので、17番でパーをとれたら『大丈夫』って思っていました」

 迎えた17番、なんとバーディーを奪った。まさしく勝負のカギを握る一打、誰もが極度の緊張感を味わうであろう場面で、見事に3mのパットを沈め、勝負を決めた。その精神的な強さに、「バックナインに入ってからも、しっかりパーを拾っていた。終盤の落ち着いたプレイぶりもすごかった」と、試合を見守った協会関係者の多くが賛辞を送った。

 それから3週間後、鈴木は再び脚光を浴びた。またもメジャー大会の日本女子オープン(10月2日〜5日/滋賀県)だった。3日目にトップに並んで「メジャー大会連勝か」と騒がれた。しかし、最終日にスコアを落として、5位に終わった。

「まだまだですね。ラウンド中に、イライラしているのがすぐに顔に出てしまって......」と、鈴木は反省の弁を述べたが、メジャー2大会連続のトップ10フィニッシュは立派。その後のトーナメントでも、コンスタントに上位争いに加わるようになって、ツアー2勝目を飾る日も決して遠くはないだろう。

 ところで、鈴木は、トッププレイヤーの横峯さくらとの類似点が多い。まずは、親が子どもたちをプロゴルファーにするために、生活のすべてを捧げてきたことだ。

 横峯の父・良郎氏は、家業をやめて、借金を背負いながらも自らの手でゴルフ練習場を建設。そこで、さくらを含め、3姉妹を育ててきたのは有名な話。3姉妹は良郎氏に、「プロゴルファーになって、親に1000万円返せ!」と日々叱咤され、プロを目指してがんばった。

 鈴木も同じような境遇にあった。徳島県生まれの彼女は、中学3年生のときに四国女子アマを制覇。その実績などが認められて、鳥取県の高校に特待生として入学したが、寮生活でストレスを抱えてしまった。そこで鈴木の両親は、三代続いてきた家業の材木屋を畳むことを決意。一家で鳥取県に引っ越した。

 その際、鈴木は両親から「愛がプロになって稼いでくれんかったら困る」と言われたという。

「親の言葉は、冗談ではなくて、わりと本気っぽかった(笑)。だから、『え〜、なんで私が!?』って思ったことはありました」

 実際、鈴木家には愛を含めて男女4人の子どもがいて、そのうち3人がプロを目指してゴルフをやってきた。その分、「相当なお金がかかった」と、鈴木の母親である美江さんは言う。

「これまで(子どもたちには)、家が一軒建つくらいのお金をかけています。だから、『中途半端で終わってしまっては困る』ということを、愛にはわかってほしかったんです。愛にはプレッシャーになったかもしれないけど、それもはねのけるぐらい、がんばってほしかった」

 そうした環境の中で育った鈴木は、横峯と同様、物事にあまり動じないメンタルが備わった。周囲から「変則的なスウィング」と言われようと意に介さず、わが道を行くスタイルも同じだ。そして、最たるものは、ふたりとも普段はおっとりしていながら、勝負事になると極めて貪欲な姿勢を見せることだ。

 横峯はプロになりたての頃、「ゴルフは自分にとって仕事。お金を稼ぐ手段です」と言っていた。鈴木も、「ゴルフを始めた頃は、ずっと続けるつもりはなかったんですが、プロになってからは、(自分が)がんばった分だけ賞金が入ってくるので、今は楽しくできています」と語る。

 鈴木のゴルフ人生は始まったばかりだが、プロとしての資質は高い。横峯さくらのように賞金女王になることも、夢ではないだろう。

古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki