単独首位に浮上した小田孔明!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 2日目◇24日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」の2日目。全選手がハーフターンを終え、初日4アンダーで6位タイにつけた小田孔明が4バーディ・ノーボギーで通算8アンダーまで伸ばし単独首位に浮上した。
スイング大改造中の矢野東、本人もビックリの首位発進!
 1打差の通算7アンダー単独2位にはこの日首位スタートの矢野東。続く通算6アンダー単独3位には市原弘大。通算5アンダー4位大意は竹谷佳孝、重永亜斗夢、プラヤド・マークセン(タイ)、イ・サンヒ(韓国)の4人がつけている。さらにホストプロの宮本勝昌や岩田寛らが4アンダー8位タイで続く。
 また、今大会注目のブランド・スネデカー(米国)は2バーディ・1ボギー・1ダブルボギーで1つ落とし通算1オーバー58位タイとしている。その他ではホストプロの一人・池田勇太はスコアカード通りのプレーでスコアを伸ばせず通算2オーバー66位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】開幕2試合、それぞれの意義
総勢100名以上の美人ゴルファーを紹介!「美ゴ女」
毎週更新!人気プロの厳選フォトが一挙公開!