フェイスラインにフィットする緩やかなカーブ形状なので、使いやすい!(写真は、レッド系とグリーン系が「JD‐S07CL」(子機1台タイプ)、ホワイト系が「JD‐S07CW」(子機2台タイプ)

写真拡大

シャープは、設置スペースをとらないコンパクトタイプで、迷惑電話対策も充実したデジタルコードレス電話機「JD‐S07CL」(子機1台タイプ)と「JD‐S07CW」(子機2台タイプ)を、2014年10月24日に発売。

省スペース設計により、設置面積を従来機種に比べて約40%削減したコンパクトなデザインを採用。また、着信時に相手の名前がわからない場合、電話に出ることなくワンタッチで確認メッセージを流して相手に名乗ってもらう「お名前確認ボタン」や、相手に警告メッセージを流してから通話を録音できる「警告してから録音」などの迷惑電話対策も充実している。

ワンタッチで留守番電話機能の設定や解除が可能な「留守ボタン」を本体に搭載したほか、フェイスラインにフィットする緩やかなカーブ形状で、文字が見やすいホワイトバックライト液晶を子機に採用するなど、使いやすさも追求した。

「DECT 1.9GHz方式」を採用。無線LANなど2.4GHz帯を使用する機器との電波干渉がなく、クリアな通話品質を実現した。

部屋の雰囲気にあわせて選べる、レッド系、グリーン系、ホワイト系のカラーバリエーションを用意した。

いずれも、オープン価格。