写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コナミデジタルエンタテインメントは10月22日、プロ野球選手の田中将大投手が「パワプロ応援大使」に就任したことを発表した。

○少年時代からプレイ

「パワプロ」は同社が販売する野球ゲームソフト「実況パワフルプロ野球」シリーズで、田中投手はシリーズ20周年を記念して同大使に就任した。日本を代表する野球選手であり、少年時代から長年に渡り同シリーズで遊んでいることから任命に至ったという。

田中投手は「パワプロ」について、「野球ゲームといえばパワプロだと思っています。多くの人にパワプロの楽しさを伝えることができるように専念していきたいと思います」とコメントした。

また、シリーズ最新作「実況パワフルプロ野球2014」の公式サイトにて、田中投手が同ゲームソフトで遊ぶプレイ動画も公開された。動画には、初めてプレイするという「栄冠ナイン」や、お気に入りだという「サクセス」といったゲームモードでプレイする様子が収められている。