スマホの進化の先は「画面が美しい」だけではない:「ARROWS NX F-02G」レヴュー

写真拡大

スマートフォンにプリント写真を超える解像感は必要なのかと問われたら答えはYES。人間の能力を超えているからこそ体感できる世界が、富士通の「ARROWS NX F-02G」にはあった。

「スマホの進化の先は「画面が美しい」だけではない:「ARROWS NX F-02G」レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートフォンはよりリアリティある映像体験をもたらすべく、大型で高精細なディスプレイを採用する形でも進化してきた。1つの段落となったのが手のひらサイズのHDとフルHD解像度だが、「ARROWS NX F-02G」は5.2インチでWQHD、1,440×2,560ピクセルという超高解像なパネルを搭載してきた。

画素密度は564ppi。人間の目の分解能は1フィート(約0.3m)離れた位置の300ppiを認識できるレベルに留まっており、手に持つARROWS NX F-02Gの画面を見ても、1つ1つのピクセルはもう認識できない。アイコン1つ、文字1つとってもクリア。そして写真画像や動画の再生品質にも秀でている。

現在、高精細かつ4K動画も撮影可能なデジカメが人気だが、ARROWS NX F-02Gならばそれらのカメラで撮影した写真画像や動画コンテンツのビューワーとしても使いたくなる。

4Kの3,840×2,160ピクセルをドットバイドットで表示することはできないが、5.2インチというハンドヘルドなディスプレイであっても、フルHDを超える解像度のコンテンツの威力を感じる。デジカメ画像を表示すれば立体感が、動画を再生すれば空気感すら伝わってくるような、圧倒的なリアリティを感じ取れる。

街角で出会った物語。旅先で見た絶景。言葉にはしにくいダイナミックレンジの広い感情を伝えるのに、高精細なディスプレイとコンテンツの組み合わせはマスト。自分が撮ったコンテンツなら旅行時の思い出が濃厚に蘇ってくるし、友人がARROWS NX F-02Gで高精細なコンテンツを見せてくれたのなら、ただただ羨ましくなってくるはずだ。

…とまとめると、ARROWS NX F-02Gの最大のポイントはディスプレイにあるのかと感じるだろう。それが違うのだ。「えっ!? そこまで!?」と驚いてしまう、日々の生活においても役に立つ微に入り細を穿つワザの数々こそが、同機の最たる個性だった。

各種アプリを起動した場所、時間、曜日を記録し続け、通勤時に駅のホームに行ったらいつも起動していたニュースアプリをホーム画面にレコメンドするパーソナルアシストにも注目。数多くのアプリをインストールしていてホーム画面がさまざまなアイコンで埋め尽くされていても、多用しているアプリをすかさず表示してくれる、まるで秘書のような機能だ。

2014年9月30日にオリコンから発表された「2014年度オリコン顧客満足度ランキング™ 携帯端末(スマートフォン)」の1位に輝いたのは「ARROWS NX F-01F」だった。多くのユーザーから支持されたスマートフォンの後継機だけあって、ARROWS NX F-02Gにも隅々にまでユーザーファーストの精神が行き届いていた。

まず驚いたのがネットワークだ。単純にハイスピードなLTEが使えるというだけではなく、近隣にアクセスポイントがあるならばWi-Fiも同時に使って高速化を図る。また、Wi-Fi環境がなくとも、サイズの大きなデータをダウンロードする際は、リクエスト数を増やすことで分割ダウンロードもしてくれる。

実際、メールに添付されていたPowerPointファイルはタップ後、即座にダウンロードが終了していた。回線に余裕があるなら限界までアクセルを全開にするその設計には、ユーザー自身のクロックアップも促されているかのようだ。

もちろんプレッシャーというだけではない。電車などでの移動時、Wi-Fiのアクセスポイントから離れてしまった際は自動で3G/LTE回線に接続して通信を続行してくれるので、「Wi-Fiはつながっているけど通信できない」といったトラブルが起きにくい安定度の高さには頭が下がる。

ATOKも洗練された。一発では入力できず、複数の単語を切り合わせて入力した言葉を検知すると、ユーザー辞書へ登録するようアナウンスしてくれるため、スラングや造語、商品名、専門用語の入力のストレスが大幅に減るシステムになった。長文のメッセージが入力しやすいので、スマートフォンではメールが億劫だった人でもARROWS NX F-02Gなら即座に送信・返信できるだろう。

寒くなる季節を見越して、タッチパネルの感度を高めて手袋をした状態でも操作できる手袋タッチ機能や、深さ1.5mの水域に30分間沈めても問題の無い防水・防塵機能もあるなど、気配りが一歩先を行っている。

多リクエストの高速ダウンロードWi-Fiと3G/LTEを同時に使うマルチコネクションスマホ史上最高のATOK(Super ATOK ULTIAS)アプリをレコメンドするパーソナルアシスト素手でなくても操作できる手袋タッチIPX5/IPX8の防水、IP5Xの防塵対応認証率の高いスマート指紋センサータッチ時に震動を伝えるリニアバイブ画面全体を下にスクロールさせるスライドディスプレイ電話着信時、ディスプレイ側を伏せるように置くとマナーモードにANT+対応のフィットネス機器と連携

日常で頼れる機能を抜粋しただけでもこのとおり。このおもてなし感は、さすが日本のスマートフォン市場を見つめ続けてきた富士通の作品といったところだ。

さらに3,500mAhという、予備バッテリーいらずの大容量バッテリーが頼もしい。日常的な使い方なら3日以上も充電せずに使い続けられるし、朝の支度をしている間でも1日もつくらいのパワーをチャージしてくれる急速充電機能も備わっている。

いくら多機能であっても体力がないモデルはストレスの温床になってしまう。バッテリーのタフさ、IQの高い低消費電力設計があってこそハンドヘルドコンピュータ化しているスマートフォンは生きる。ARROWS NX F-02Gは、最も重要なことを改めて気がつかせてくれた。

ARROWS NX F-02G|富士通

重量は166g。その他のスペックは、以下の通りだ。ディスプレイ:5.2インチ、WQHD解像度/カメラ解像度:約2070万画素/OS:Android4.4.4/CPU:2.3GHz クアッドコア/バッテリー容量:3,500mAh/メモリ:3GB/ストレージ:32GB