22日、中国のインターネット掲示板に、「世界は韓国をどう見ているのか」とのスレッドが立ち、そのなかで自身の欧米人の友人の韓国人に対する印象を紹介した書き込みが注目を集めている。写真は韓国。

写真拡大

2014年10月22日、中国のインターネット掲示板に、「世界は韓国をどう見ているのか」とのスレッドが立ち、そのなかで自身の欧米人の友人の韓国人に対する印象を紹介した書き込みが注目を集めている。

【その他の写真】

書き込みは「やっと私の友人の体験を語る場所ができた」とし、「私は韓国に行ったことがないが、韓国で仕事をしたことがあるカナダ人、米国人の友人が数人いる。彼らが韓国にいた時期や場所はそれぞれ異なるが、以下の内容は基本的に全員の共通認識だった。彼らは高等教育を受けているので、特に話が誇張されているとか、偏っているということはないだろう」とし、欧米の友人たちの韓国人に対する印象について記している。

1.極端な民族主義
友人たちの描写によると、韓国人は全力で韓国の栄誉と利益を守ろうとする。自分たちに非があろうがなかろうが関係ない。韓国人にとっては、永遠に韓国人が正しいのだ。欧米人に対して敵意を示す一方で、英語学習の重要性を認識し、国家の発展には英語が不可欠だと考えている。スポーツの国際大会で敗れたときの韓国テレビ局の中継の解説を聞いても、民族主義がどれだけひどいかがわかる。

2.おかしな流行
友人たちの韓国男性アイドルに対する印象は、「ファッションはごちゃごちゃしていて、ヘアスタイルは奇抜」。そして、「ジャスティン・ビーバーよりもゲイっぽい」である。女性アイドルにはひと言、「みんな同じ顔に見える」だ。

3.恋愛とビジネス
韓国人は、恋愛をするときはまず、相手の能力や家庭の経済状況を見るが、ビジネスをするときはまず、いっしょに食事に行き、相手の趣味や性格を知ることから始める。友人曰く、「この2つの物事の始め方は逆なのでは?」。

4.性差別
韓国ではセクハラ問題は非常に深刻である。友人のカナダ人女性は、韓国で何度も見知らぬ男におしりを触られたと話す。また、教室で韓国人学生から無断でおしりの写真を隠し撮りされたこともあるという。彼女の友人(同じくカナダ人女性)はタクシーに乗ったとき、運転手に乱暴されそうになったこともあるそうだ。

5.短気
韓国の街ではいたるところでケンカが起きている。バーが集まる繁華街では特に顕著。関わらないのが一番だと友人は話す。

6.キリスト教
韓国ではキリスト教徒が多い。しかし、北米の友人は違和感を覚えたという。多くは語らなかったが、周りの韓国人キリスト教徒はキリスト教徒に見えず、他人に対してもまったく友好的ではなかったという。

なお、友人たちが唯一、韓国を称賛したのは、ネットの通信速度が速いことだった。(翻訳・編集/TK)