男性の退屈なマシンガントークを停止させるトドメの言葉9パターン

写真拡大

「本人は面白いつもりでも、聞かされる側にとってはつまらない話」ほど、たちの悪いものはありません。恋人でもない男性のどうでもいい長話をスムーズに終えさせるには、どんな方法が有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「男性の退屈なマシンガントークを停止させるトドメの言葉」をご紹介します。

【1】話の切れ目を見計らって「ちょっとトイレ行ってくる」
「息継ぎするタイミングを見極めるのがコツ」(20代女性)というように、相手が次の話題に移る前に席をはずしてしまう作戦です。席に戻るまでの間に、「次の話題」を考えておくのも良いでしょう。

【2】上の空を装って「ごめん、今、別のこと考えてた」
「『来週のテストが気になって…』とごまかす」(10代女性)など、全然聞いていないことを暗にほのめかすやり方です。目の動きや口元の開き加減など、言葉だけでなく全身で「興味なし」を示す演技力が求められるでしょう。

【3】予想される結論を食い気味に言い当てて「なーんかオチが読めちゃってさー」
「そのぐらい意外性のないつまらない話題なんだよと伝えたくて」(20代女性)というように、思い切り話の腰を折る荒業です。ただしうまく言い当てられなかった場合は、さらにトークが長引く可能性もあるので、慎重に使いましょう。

【4】誰かの悪口を聞かされたら「私そういう話、好きじゃないかも」
「残念そうにさえぎると、さすがに罵り続けることはできないみたいです」(10代女性)など、不快感を表すのも、誹謗中傷を封じるときには有効でしょう。とはいえ、この方法を使うためには、自分自身も普段から誰かの悪口を言わないように戒める必要がありそうです。

【5】冗談めかしてさりげなく「自分の話ばっかりしてるとモテないゾ!」
「『男は無口で聞き上手なぐらいがちょうどいいみたいよ』と遠回しに言うのもアリ」(20代女性)というように、「おしゃべりな男性」に自覚を促す戦略です。「私に興味ないんでしょ?」とイヤミを言えば、会話が一方通行になっている状況に気付いてもらえるかもしれません。

【6】口元を凝視してから「そんなにしゃべってばかりで、よく喉、乾かないね」
「『いつ息してるんだろう?ってずっと見てたけどわからなかったよー』と笑いながら指摘してみた」(20代女性)など、いきなりナナメ上の切り返しをして、相手を拍子抜けさせるパターンです。自分のトークがいかに女の子の興味を引かないのか、事実を正しく認識させることができそうです。

【7】目をトロンとさせたあとに「なんか眠くなった。なんでだろ?」
「『あくびばっかりしてゴメンね!』と明るく謝って『お前の話はつまらないんだよオーラ』を出してみた」(20代女性)というように、会話に飽きつつあることを匂わせる戦法です。やり過ぎると、相手を必要以上に屈辱的な気持ちにさせてしまうので、程度をわきまえましょう。

【8】相手の自画自賛が続いたときは「この自慢話、ひょっとしてもっと続くの?」
「こう言うと、たいてい『えっ?俺、そんな話してたっけ?』って顔をします」(10代女性)など、自分が高言ばかり吐いていることを思い知らせるのもアリかもしれません。それでも続くようなら、「まーた始まっちゃったかー」と皮肉っぽく茶化してみましょう。

【9】スマホをいじりながら、棒読みで「ふーん、すごいねー」
「無関心っぷりをこれでもかとアピールしてやります」(20代女性)というように、興味のなさを大げさに表現するパターンです。最後に、「で?」と結論を促すことで、「終わりを待っていた」と知らしめるのも良いでしょう。

相手の反応にお構いなく一方的に話す男性には、それとないリアクションでは伝わらないかもしれません。そんなときは、だんだん露骨な言葉にエスカレートさせてみるのも良いでしょう。(倉田さとみ)