マリで初となる2歳女児のエボラ感染者が確認され隔離されている

ざっくり言うと

  • マリの保健省は23日、同国初のエボラ出血熱患者を確認したと発表した
  • 患者はギニアに渡っていた2歳の女児で、ウイルス検査で陽性反応が出た
  • 女児とその接触者らは隔離されたとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング