中国メディアの金羊網は21日、韓国の中央日報の報道を引用し、美容整形手術を受けるために韓国を訪れる中国人の数が5年で20倍に急増していると紹介する一方、中国人患者からは韓国の美容整形に対してさまざまな不満が噴出していると伝えた。(イメージ写真提供:(C)Nimon Thong−uthai/123RF.COM)

写真拡大

 中国メディアの金羊網は21日、韓国の中央日報の報道を引用し、美容整形手術を受けるために韓国を訪れる中国人の数が5年で20倍に急増していると紹介する一方、中国人の患者からは韓国の美容整形手術に対してさまざまな不満が噴出していると伝えた。

 記事は、中国のインターネット上では「韓流スター御用達の整形クリニック」、「韓国でランキング入りしたクリニック」などといった情報が拡散していることを紹介。

 一方、中国の広州中医薬大学第一附属医院の皮膚科主任である査旭山教授の話を引用し、「韓国では整形業界内のランキングなどは存在せず、医者も患者の情報を公開しない」とし、韓国の美容整形や整形クリニックをめぐって嘘(うそ)の情報がネット上に氾濫している状況にあると指摘した。

 さらに、中国人はインターネットで情報を調べる際、美容整形クリニックの内装などの写真を見るとともに医師の実力を推し量り、豪華な雰囲気のクリニックを選ぶ傾向にあると紹介する一方、一部の中国人が韓国に豪華な造りの美容整形クリニックを作り、整形を希望して訪韓した中国人から高額な金を巻き上げていると紹介。こうしたクリニックでは実際に執刀するのは「韓国の三流の医師もしくは中国人医師」だという。

 そして、査旭山教授の話として、「韓国で整形する際、クリニックを選ぶうえでは医師の経験や評判などを確認することが何よりも重要」と指摘。さらに、韓国の政府系ウェブサイトで公開されている美容整形に関する情報を集めるほか、中国国内で取得できるメディカルツーリズムに関する資料を収集するなど、信頼できるクリニックを選ぶための努力を惜しむべきではないと呼びかけた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Nimon Thong-uthai/123RF.COM)