動画:ポーズを決めると技が発動する格闘ゲーム NARIKIRI SHOW DOWN。Unity+Kinectの技術デモ

写真拡大

本日開幕したDIGITAL CONTENT EXPO 2014 より。CG制作やプログラミングを手がける株式会社デイジーのブースでは、UnityとKinect for Windows v2 センサーを用いたVR格闘ゲーム NARIKIRI SHOW DOWNを展示しています。プレイヤーが特定のモーションを取ると、画面上で技のエフェクトが発動する格闘ゲーム風のVRコンテンツ。展示では、技を繰り出して制限時間内に車を破壊するステージを体験可能です。使える技は、目からビーム、メテオ、波動、竜巻など激しいエフェクトを伴う大技が中心。Unity Technologiesのキャラクター・ユニティちゃんを呼んで一緒に攻撃する演出もあります。



技の出るポーズ一覧

ユニティちゃんを呼ぶとカットインが入ります

波動とメテオを発動するためには、いずれもタメの予備動作が必要です

毎年7月にフランスで開催されるJapan Expoに向けて同社が用意した技術デモで、国内での発表は今回が初めて。Japan Expoにはコスプレイヤーが多く来場するということで、来場者に喜ばれるコンテンツを検討した結果、VR格闘ゲームの形になったとのことです。

説明員によれば、本展示はポーズに対して画面にアクションを起こす技術のデモであり、格闘ゲームはその一例としています。技術的にはより細かいモーション
を設定することも可能です。同技術の今後の展開としては、ショッピングモールやフィットネスクラブなどでのコンテンツ配信や、パッケージ化などを検討しています。

格闘ゲーム風のデザインを採用していることから、ポーズによるアクションの効果を確認するために、プレイヤーは画面の方を見る必要があります。そのためプレイ画面には若干の違和感がありますが、ポーズをとるだけで激しいエフェクトとともに技が出る爽快感はなかなかのもの。コンテンツ次第ではありますが、手軽さとインタラクティブ性のバランスが良いことから、テーマパークのアトラクションなど幅広い展開の可能性を感じさせる展示でした。