市原弘大、好スタートは特訓の成果?(撮影:ALBA)

写真拡大

<ブリヂストンオープン 初日◇23日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」が千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コースを舞台に開幕。初日の競技を終え、4連続を含む6バーディ・ノーボギーの“65”をマークした矢野東が単独首位に立った。
スイング大改造中の矢野東、本人もビックリの首位発進!
 1打差の2位タイには市原弘大、カート・バーンズ(オーストラリア)、イ・サンヒ(韓国)、竹谷佳孝の4選手がつけた。招待選手の2012年フェデックスカップ王者、ブラント・スネデカー(米国)はイーブンパーで40位タイ。2週連続優勝を狙うホストプロの池田勇太と現在賞金ランク首位を走る藤田寛之は2オーバー66位タイと出遅れた。
 以下に主要選手のコメントを掲載する。
●市原弘大(5アンダー2位タイ)
「昨日、今日がこんな悪天候にになるんじゃないかと思って練習ラウンドしておいて良かったです。インコースの14、15、16番以外の6ホールをラウンドしました。雨や風の中の距離を確認できて良かったです。今日はパットが良かったです。先週はあまりに入らなくて、予選落ちしました。あんまり頭にきたので、金曜日に会場に残って3時間練習したのが良かったかもしれません(笑)」
●カート・バーンズ(5アンダー2位タイ)
「今日は雨が降ってバンカーやグリーンに水が溜まっていたところもあったけど、例年通りグリーンは素晴らしい仕上がりでした。明日も今日と何も変わらずプレーをしたいです。スネデカー選手とは2005年くらいにネーションワイドツアーがオーストラリアで開催された時に一緒にプレーをしたことがあります。彼はパットの名手ですね」
●藤田寛之(2オーバー66位タイ)
「うまくいかない1日でしたね。天気もそうですけど、ショットを含め状態は良くないです。スランプってほどではないですが、きっかけを掴みきれずというか。スタートのティショットも訳の分からないところに出ちゃったしね。自分でも訳がわからずという感じで…」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】開幕2試合、それぞれの意義
毎週厳選フォトをアップ!「女子プロ写真館」
女子大生からOLまで、美女ゴルファーを紹介!「美ゴ女」