画像はさなづらひろゆきさんのTwitterより

写真拡大

「絶対領域」。それは、スカートとニーソックスなどの間に現れる輝かしい肌色のふともも部分を意味する「何人にも侵されざる聖なる領域」を指す用語として、広く定着している言葉だ。

これまで、長きにわたって最強の萌え属性として愛されてきたが、それに代わる新たなジャンルがついに生まれた──。

それが、マンガ家・イラストレーターのさなづらひろゆきさんがイラスト付きで提唱した、スカートの下からはみ出す黒いスパッツ部分を指す「シュヴァルツシルト領域」だ。




描かれているキャラクターは、現在放送中のアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するガンプラバトル部の部長の、明るく活発なフミナ先輩。

この「シュヴァルツシルト」とは、ブラックホールの存在を示唆したドイツの天文学者であるカール・シュヴァルツシルトからとられ、ドイツ語では「黒い盾」を意味する。

一方では、生足の露出を妨げるスパッツは邪道だとする向きもあるが、スカート下からはみ出すスパッツの健康的な美しさもまた、われわれの目を奪ってしまうことも事実だ。

絶対領域が、衣服と衣服の間から顔をのぞかせたまぶしいばかりの太陽とするなら、抗いがたい強烈な引力をもったスパッツは、確かに乙女のブラックホールと言ってもいいのかもしれない。