センス・ド・マサキ(左)とセゾン・ド・エリコ

写真拡大

雑誌『LEE』『すてきな奥さん(別冊)』などでおなじみのモデル・雅姫(まさき)さんが「40代からの新しいライフスタイルを提案する」というムック『センス・ド・マサキ』が2014年10月24日に集英社から発売される。ところが、前週の10月15日に元フジテレビアナウンサーの中村江里子さんによる『中村江里子 パリのデイリー・スタイル セゾン・ド・エリコ』が扶桑社から創刊されていた。

『センス・ド・マサキ』と『セゾン・ド・エリコ』、40代の女性が主役でタイトルの響きも似たライフスタイル誌が同時期に出版されることについて、それぞれの編集担当はどう思っているのか、話を聞いてみた。

お互い迷惑に思っているかと思いきや...

『マサキ』サイドは、J-CASTトレンドの取材を受けるまで、『エリコ』の存在を知らなかったようだ。集英社 女性誌企画編集部の萱島治子さんは、

「おしゃれな40代女性が増えて、ファッション、ライフスタイルの新たなモデルが求められていることの表れだと思います」

と感想を話した。一方の『エリコ』サイドは、発売前からAmazonの同カテゴリーに『マサキ』を発見して、編集部内でも話題になっていたそうだ。ところが、タイトルが似ているからといって、急きょ変更しようという話は出なかった。扶桑社と一緒に企画構成を手掛けたフリー編集者・MINOさんは、

「(『エリコ』と『マサキ』が)一緒に話題になって、より多くの方に知っていただければ」

と、さらに読者が増えることを期待している。

意外なことに両者とも余裕の反応だ。雅姫さんも中村さんも、それぞれ大勢のファンを抱えており、読者の取り合いに発展することはない、という考えなのだろう。

センス生み出す『マサキ』と、パリの今伝える『エリコ』 どちらも出足好調

雅姫さんは、モデル業の傍ら、東京・自由が丘で服飾雑貨店など2つの店をプロデュースする実業家ママ。主婦たちの憧れの的だ。ヨーロッパテイストをうまく取り入れたオシャレな暮らしぶりに定評があり、著作は累計100万部を超える。『マサキ』は、40代に突入した彼女が、改めて大人のセンス磨きを提案する「集大成」だそうだ。予約状況も好調で、続編の企画も動き始めた。

中村さんは、フランス人の夫と3人の子どもに囲まれてパリに暮らす。流行を抑えつつも、上質で地に足の着いた中村さんのスタイルに共感する女性は多い。『エリコ』は、日仏を往復する彼女ならではのフィルターを通して、街、人、モノを紹介する季刊誌。「パリっぽいパリ」ばかりでなく、リアルな街の表情を切り取るのは、さすが元アナウンサーだ。発売9日目にして重版が決まった。

タイトルの響きは似ていても、オシャレな空間を作り出すモデルと、パリの今を伝える元アナウンサー、それぞれの個性の光る2冊。街の書店でどのように並べられるのか、気になるところだ。

『センス・ド・マサキ』は1620円、『セゾン・ド・エリコ』は1000円。『マサキ』の方が620円ほど割高だが、雅姫さんがデザインしたトートバッグとカレンダーが付いている。