23日、タレントのアグネス・チャンが自身を誹謗中傷した人物の謝罪文と実名をブログで公開した。

アグネスは「私に対して誹謗中傷を行った方の謝罪文の掲載に当って(原文ママ)」というタイトルの記事を投稿した。

冒頭で「ここ数年、インターネット上では、私に対する事実無根の誹謗中傷が続いていました。ヘイトスピーチ的な書き込み、名誉を毀損する嘘の情報、肖像写真の無断使用、日本ユニセフ協会に対するデマなども含めて、皆さんには、ご心配をおかけしています」と、被害にあっていたことを告白している。

続けて「弁護士さんからアドバイスを頂き、これまでプロバイダーに、名誉毀損や著作権侵害にあたる書き込みをした人物の情報開示をお願いしてきました」「誹謗中傷の書き込みをした人物が明らかになり、本人から謝罪の手紙が届きました」と、これまでの経過を説明。その上で、書き込みをした人物の実名をつづり謝罪文を全文公開した。

アグネスは謝罪を踏まえ「今回は告訴を取りやめることにしました」と明かし、「どのような人物が誹謗中傷の書き込みをしているのか、その内容がいかに事実無根であるかという事を分かって頂ければ幸いです」とブログ読者に訴えた。

また現在は、他のプロバイダーにも誹謗中傷する書き込みの削除と、発信者情報の開示を求めているそう。「無責任な文章の書き込みを止めない人物には、今後も徹底して責任を追求し続けて行きます(原文ママ)」と、宣言し締めくくった。

【関連リンク】
私に対して誹謗中傷を行った方の謝罪文の掲載に当たって

【関連記事】
TBSテレビの「アッコにおまかせ!」がBPOの「謝罪会見報道に対する申立て」審理入りに
柳美里氏が未払い原稿料の額を暴露「最低値でも、174万6,200円、最高値だと、1,136万8,078円」
ヒロミ、映画監督・放送作家の三木聡氏と大げんかしていたことを告白「たわいもないことで」