『高齢初犯』(ポプラ新書)

写真拡大

 少子高齢化が叫ばれて久しいが、9月に総務省がまとめた同月15日時点での推計人口によれば、65歳以上の高齢者人口は1年前より111万人増え3296万人で、過去最多となった。また8人に1人は75歳以上の後期高齢者であることも明らかとなった。厚生労働省が発表している文書「今後の高齢者人口の見通しについて」では、2025年には65歳以上の高齢者が約30パーセント、2055年には39.4パーセントとなると試算されている。日本がかつてない老人大国となっていることがわかるが、この傾向は今後もさらに進む。

 高齢化社会が進むと同時に、高齢犯罪者の増加についても数年前から指摘されてきた。平成23年度版「犯罪白書」にはすでに、一般刑法犯について「高齢者の検挙人員は,他の年齢層と異なり,近年,増加傾向が著しく,平成22年は,3年の検挙人員の約6.8倍となっている。」とある。そして平成25年度版「犯罪白書」には「高齢者の検挙人員は,他の年齢層と異なり,増加傾向が著しく,平成24年は,5年の検挙人員の約5.2倍」とあり、増加の傾向はいまだ続いていることが分かる。

 なぜ高齢者の犯罪が増えているのだろうか。『高齢初犯 あなたが突然、犯罪者になる日』(NNNドキュメント取材班/ポプラ社)は高齢者たちへの取材をもとに、高齢者犯罪の現状について明らかにしている。同書は昨年日本テレビ系で放送されたドキュメンタリー「あなたは、なぜやったのですか?増え続ける高齢初犯」を製作した取材班によるものだが、これでもかというくらい様々な高齢犯罪者が登場する。

 まず犯行当時70歳だった男性の林さんは、300円の総菜を万引き。執行猶予判決を受けたがまた万引きをし、2年間服役した。現役時代は「いくつかの会社で経理の仕事をし、転職するたびに給料が上がった」と、調子は良かった。しかし65歳のとき「所属していた新聞販売店の経営者が死亡したのをきっかけに、その販売店が閉鎖に」なってしまうのである。蓄えもなく年金にも加入してなかった林さんはたちまちホームレス生活に。何人かの仲間と「一緒に空き缶を集めていると月1万円ほどになった」という。万引きに手を染めたのはそんな時だった。ねぐらにしていた場所から徒歩15分ほどのスーパーで総菜を万引き。ところが所持金は1000円。総菜が買える金は持っていた。

 なぜ金があったのに万引きをしてしまったか、という問いに林さんはこう答える。

「あまり覚えていないんですよ」

 66歳女性の田辺さんは、長年別居している夫がいる。夫は「体の具合が悪いからと毎日ゴロゴロしている」うえに、食事を届けに行った田辺さんに「『さしみが食べたい』『あじのフライが食べたい』『焼酎を買ってきてほしい』などと書いたメモを」渡すなど、会話もほとんどない生活。スーパーで数百円の焼酎を万引きした理由を田辺さんはこう語った。

「夫のものにお金を支払いたくない。それだけの理由ですよ。なんで、私があの人のために支払わなきゃいけないのって急にイライラして」

 犯行当時70歳だった石渡さんは、4万9800円の所持金があるのに薬局で1980円のビタミン剤を万引きした。林さんと同じく、所持金ありのパターンだ。過去、「30歳で独立して店舗の設計事務所を経営していた」が、40歳のときに倒産。妻と子供は出て行った。63歳になるまで「いくつかの設計事務所を転々としたが、布教と年齢が原因で職を失った」という。これまた林さんと同じように、かつては仕事人間として調子のよい時期があった。

「盗むつもりなどまったくなかった。それなのに、変な気持ちが起きてしまったんですよ。自分でもわからないけど」

 65歳のとき、中古車センターの車を勝手に運転し、店舗から出てきた店員と接触、窃盗と傷害の罪で服役した山本さんは、当時、工務店の正社員として働き、現場監督の補助的立場を担っていた。ギャンブルに生活費をつぎこみ、妻に愛想をつかされ、独り身だった。なぜ、罪を犯したのかという取材班の問いかけにこう答えた。

「ただ、むしゃくしゃしていた」

 全国万引犯罪防止機構の福井昂理事長兼事務局長は本書で、万引きを犯す背景について「ひとり暮らしでも社会とのかかわりがある人は、まずやりません。社会とのかかわりが切れてしまい、何もやることがない高齢者が万引きに走る傾向にあります」と分析している。

 また10代のごとく、盗んだ車で走り出した山本さんは「むしゃくしゃして」いたという。昨今、"キレやすい高齢者"が増えているということも取り沙汰されるが、同書は「高齢者がキレやすくなったのではなく、高齢者を取り巻く『環境』が変わったのではないか」と指摘する。しかし、長引く不況による生活不安や、経済的困窮については「たとえ経済的に厳しい状況でも、高齢者の多くはつつましい生活をし、何とかやりくりをして暮らしている」ことから、「犯罪に至るひとつの原因かもしれないが、決定的な原因ではなさそうだ」と推察する。

 では高齢者の犯罪が激増している原因は何なのだろうか。「取材した高齢者たちはどこか人との関係が危うかった。人が犯行に至る過程で、自分を抑制すれば罪を犯さずに済むだろう。家族や世間のまなざしがあれば、思いとどまることができるはずだ」と、作者は不況よりも"社会的孤立"が影響しているのではないかと考察し「『孤立』していると抑制力が働かず罪を犯す傾向が強まってしまう」とも述べている。

 孤立にもいろいろある。定年を迎え、社会との繋がりが経たれた「社会的孤立」。愛想をつかして家族が離れていったりなどしてしまった「家族からの孤立」、近隣住民との交流がなくなってしまった「近隣や地域社会からの孤立」などだ。これらが高齢者の心に暗い影を落とすのである。犯罪に手を染めるかどうするか、そんな思いが頭をかすめたとき、人は家族の顔を思い出したり、また近所に顔向けできないなどと考えて踏みとどまったりするだろう。こうした歯止めがなくなってしまった状態なのだ。

 高齢者が犯罪に走る原因は、貧困以上に孤立が大きく影響している。このまま少子高齢化が進めば、子どものいない高齢者も増える。高齢者の孤立化もより一層進むだろう。自分たちの老後は大丈夫か。まったく人ごとではない。
(高橋ユキ)