ASKA被告への覚醒剤「譲渡役」が初公判で主張ひるがえし大混乱に

ざっくり言うと

  • ASKAに覚醒剤を渡したとされる暴力団員らの初公判が21日、開かれた
  • 被告は捜査段階では容疑を認めていたが、初公判になって急に否認に転じた
  • 弁護士は打ち合わせと違うとし、起訴内容の認否を明らかにしなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング