現生人類最古のDNA解読で大きな進歩 「大移動」を解明する手掛かりに

ざっくり言うと

  • 最も古いDNAを解読したとの論文が、英科学誌ネイチャーに掲載された
  • 見つかった相違点は、「分子時計」を構成するための手掛かりとなる
  • ネアンデルタール人とホモ・サピエンスが混血した時期を6万年前と推定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング